自宅はまるで「6畳植物園」!? 植物愛がどうにも止まらない人たち (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

自宅はまるで「6畳植物園」!? 植物愛がどうにも止まらない人たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋有紀AERA
お笑い芸人・成田デシリットルさん/6畳ワンルームを埋め尽くす植物たち。部屋の3面が窓という、植物にとって理想の環境。「でかくなってほしいような、これ以上育ってほしくないような……」(写真/片山菜緒子)

お笑い芸人・成田デシリットルさん/6畳ワンルームを埋め尽くす植物たち。部屋の3面が窓という、植物にとって理想の環境。「でかくなってほしいような、これ以上育ってほしくないような……」(写真/片山菜緒子)

 家でじっとしているだけなのに、何だか心が疲れてくる。外出さえままならないコロナ禍でそんな人が増えたかもしれない。でも、生活の主役が「植物」になったら、きっと何かが変わる。AERA 2020年8月10日-17日合併号では、お笑い芸人、アパレルマネージャー、漫画家らがそれぞれの植物愛を語った。

【写真の続き】植物愛が止まらない人たち(計10枚)

*  *  *
 お笑い芸人の成田デシリットルさん(41)の自宅に足を踏み入れると、そこはまるで「6畳植物園」。

 ハシラサボテン、ネオレゲリア、リプサリス、コンシンネレインボー、シュガーバイン、サンスベリア、ゴムノキ、モンステラ、ベンジャミンバロック、ゼラニウム、トックリラン、エバーフレッシュ、テーブルヤシ、パキラ、ガジュマル、グリーンネックレス、オリヅルラン、アジアンタム、ポトス、チランジア、スパニッシュモス、バンダ、リンドレイ──。

 観葉植物としてお馴染みのものから、最近流行(はや)りのエアープランツや塊根(かいこん)植物、自分で作るドライフラワーまで、出窓のみならず部屋を埋め尽くす。

お笑い芸人・成田デシリットルさんの部屋(写真/片山菜緒子)

お笑い芸人・成田デシリットルさんの部屋(写真/片山菜緒子)

■生活リズムが変わった

 きっかけは、2年前に引っ越した先のワンルームにあった出窓だった。

 日当たりがよく、植物でも置いてみようかな、と生花店の店先で安く売られていた多肉植物を買った。ネットで育て方を調べるうちに興味が出て、100円ショップなどで買っては増えていったという。3カ月ほどで部屋に場所がなくなり、現在の状態に。

「たまに誰かくると引かれますね。大丈夫?って、心配されます」

 と言うが、植物との共同生活で、むしろ規則正しい暮らしになった。定期的に水やりをし、空気を入れ替え、飲み歩いたりせず家で過ごす時間も増えた。

 今のお気に入りは、板付けのコウモリラン。板と水苔(みずごけ)を用意し、麻紐で巻いて着生させた。

 怒濤の勢いで植物を買い集めた時期は、しんどい仕事をしていた時期と重なっていた、と振り返る成田さん。追い詰められるような仕事の日々の中、「帰ったら新しい鉢を買いに行こう」と、楽しみにしていたのだという。

 植物の「癒やし」効果は説明するまでもないだろう。新型コロナウイルスの影響で「おうち時間」が増え、育て始める人も増えている。


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい