相続税の負担をできるだけ抑える方法 王道の「生前贈与」から生保非課税枠の活用まで

2023/05/18 07:30

 自分の身に万が一のことがあったとき、家族に迷惑がかからないよう相続について考えておきたい。では、少しでも相続税の負担を減らすにはどうすればいのだろうか。知っておきたい節税方法を紹介する。AERA 2023年5月22日号の記事をから。

あわせて読みたい

  • 変わる生前贈与、相続開始前の7年以内に、控除枠の新設も 注意点と対策を解説

    変わる生前贈与、相続開始前の7年以内に、控除枠の新設も 注意点と対策を解説

    AERA

    5/18

    場合によっては相続税0円も可能? 意外な節税術

    場合によっては相続税0円も可能? 意外な節税術

    AERA

    1/28

  • あなたは大丈夫? プロが教える“争続”につながる7つのリスク

    あなたは大丈夫? プロが教える“争続”につながる7つのリスク

    週刊朝日

    12/15

    プロが教える相続で損しない裏ワザ4つ 生保活用→非課税枠1人500万円も

    プロが教える相続で損しない裏ワザ4つ 生保活用→非課税枠1人500万円も

    週刊朝日

    6/25

  • ルール見直しの「生前贈与」Q&A 相続税への「持ち戻し期間」は5年、7年に?

    ルール見直しの「生前贈与」Q&A 相続税への「持ち戻し期間」は5年、7年に?

    週刊朝日

    11/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す