セクハラ・性加害の背景に不十分な性教育 中学校で「性交」を教えることができない理由

2022/11/19 08:00

 セクハラが社会問題化してから四半世紀以上経った今も、ハラスメントや性加害をめぐるニュースが、連日のように報じられている。どうすればなくなるのか。カギとなるのは性教育だ。AERA 2022年11月21日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 政治家とも深いつながり…福祉業界の権力者のセクハラ裁判 「つぶされる」と恐れた被害女性の10年
    筆者の顔写真

    北原みのり

    政治家とも深いつながり…福祉業界の権力者のセクハラ裁判 「つぶされる」と恐れた被害女性の10年

    dot.

    1/14

    親が動じない、ごまかさないことが何より大事 家庭でできる「性教育」のコツ

    親が動じない、ごまかさないことが何より大事 家庭でできる「性教育」のコツ

    AERA

    12/16

  • #MeTooから#WeTooへ 「性行為の同意」考える教材を大学が配布へ

    #MeTooから#WeTooへ 「性行為の同意」考える教材を大学が配布へ

    AERA

    2/23

    「性教育はやるだけ損」が教師の本音?

    「性教育はやるだけ損」が教師の本音?

    AERA

    12/19

  • 世界から後れをとる日本の性教育 「寝た子を起こすな的なクレーム」も

    世界から後れをとる日本の性教育 「寝た子を起こすな的なクレーム」も

    AERA

    5/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す