牛肉やレモンも国産の方が安い! 円安で輸入品が高騰、価格差がなくなり逆転するものも

2022/11/15 11:30

 円安が進む中、これまで割高だった国産品と輸入品の価格が拮抗し、中には逆転しているものもある。この機会に国産品、試してみませんか。AERA2022年11月21日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 国産チーズの需要が拡大 輸入品の価格高騰の中、技術の向上とチーズ作りに適した気候がポイントに

    国産チーズの需要が拡大 輸入品の価格高騰の中、技術の向上とチーズ作りに適した気候がポイントに

    AERA

    11/16

    鰻より国産牛! 値上げに負けない神レシピ 「牛肉のひつまぶし」満足度の秘密

    鰻より国産牛! 値上げに負けない神レシピ 「牛肉のひつまぶし」満足度の秘密

    AERA

    9/2

  • 廃棄部位だった?「こてっちゃん」に見る 肉のグローバル化

    廃棄部位だった?「こてっちゃん」に見る 肉のグローバル化

    AERA

    7/1

    ホルモン剤肉「豪州産は大丈夫」の誤解

    ホルモン剤肉「豪州産は大丈夫」の誤解

    AERA

    5/26

  • 相次ぐ原材料費高騰、クリスマスケーキやおもちゃに影響は? 「サンタ不信を生ませない」とメーカー躍起

    相次ぐ原材料費高騰、クリスマスケーキやおもちゃに影響は? 「サンタ不信を生ませない」とメーカー躍起

    dot.

    11/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す