大宮エリーの立体アートが犬島に 「子どももお年寄りも集まる昔の長屋みたいな場所に」

大宮エリー

2022/08/28 17:00

 現在夏会期中の「瀬戸内国際芸術祭」の開催地の一つ、犬島に画家の大宮エリーさんが巨大な立体作品を制作した。どんな思いを込めて制作したのか、大宮さんに話を聞いた。AERA2022年8月29日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • まるでRPG? 3年に1度の「瀬戸芸」は“ヤミ鍋的”楽しさ

    まるでRPG? 3年に1度の「瀬戸芸」は“ヤミ鍋的”楽しさ

    AERA

    5/17

    ツウの猫好きにはたまらない? 瀬戸内「猫島」の魅力

    ツウの猫好きにはたまらない? 瀬戸内「猫島」の魅力

    AERA

    3/10

  • 小豆島はまるで表参道? 若者も魅了“妖怪アート”で賑わい復活

    小豆島はまるで表参道? 若者も魅了“妖怪アート”で賑わい復活

    AERA

    3/10

    東大出身の脚本家・倉本聰が明かす“ギリ研”の思い出 「大学に行かずとも4年間で得た財産があった」

    東大出身の脚本家・倉本聰が明かす“ギリ研”の思い出 「大学に行かずとも4年間で得た財産があった」

    AERA

    9/18

  • 成田悠輔「東大はブランド力をビジネスモデルにすることに失敗してきた」 大宮エリーに語る

    成田悠輔「東大はブランド力をビジネスモデルにすることに失敗してきた」 大宮エリーに語る

    AERA

    9/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す