「岩波ホール」は新しい世界を見せてくれる「窓」だった ミニシアターの先駆けが閉館

2022/08/02 11:00

 東京・神保町の老舗映画館「岩波ホール」が54年の歴史に幕を下ろした。世界の映画人が厚い信頼を寄せてきた同館。その“終わり”が意味するものとは。AERA 2022年8月8日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • 商業主義に乗らなかった「岩波ホール」7月に閉館 思い出の作品は?

    商業主義に乗らなかった「岩波ホール」7月に閉館 思い出の作品は?

    dot.

    3/20

    閉館、休館のなか3億円超の寄付も 「ミニシアター」支援の今

    閉館、休館のなか3億円超の寄付も 「ミニシアター」支援の今

    週刊朝日

    7/11

  • 井浦新、斎藤工も…「映画文化」存続に広がる支援と課題

    井浦新、斎藤工も…「映画文化」存続に広がる支援と課題

    週刊朝日

    7/12

    「お金儲けをしないと文化も死ぬ」 ミニシアター・アップリンクが1カ月で行った5つのこと

    「お金儲けをしないと文化も死ぬ」 ミニシアター・アップリンクが1カ月で行った5つのこと

    dot.

    5/8

  • 社員5人でも一人勝ち ドキュメンタリー映画配給会社「東風」の強みとは

    社員5人でも一人勝ち ドキュメンタリー映画配給会社「東風」の強みとは

    週刊朝日

    4/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す