「中村哲の夢」を受け継ぎ生命の平等を守る ペシャワール会PMS支援室長・看護師・藤田千代子

AERA「現代の肖像」

2022/07/11 08:00

 ペシャワール会PMS支援室長・看護師、藤田千代子。ペシャワール会は、辺境の地への医療支援にとどまらず、井戸を掘り、用水路を引く灌漑事業と、命を守るための活動をしてきた。その代表・中村哲が凶弾に倒れた。それから2年半、藤田千代子は懸命に中村の遺志を継承しようと、仲間と奔走してきた。マザー・テレサに感銘を受け、看護師として中村を支えてきた。命をかけてもやらなくてはならないことがある。

あわせて読みたい

  • 銃撃された中村哲医師 が生前、本誌に語っていた夢「現地では優しくしてもらっている」

    銃撃された中村哲医師 が生前、本誌に語っていた夢「現地では優しくしてもらっている」

    週刊朝日

    12/4

    アフガニスタンに戻る中村哲さん 緑の大地に変わった砂漠に分骨へ

    アフガニスタンに戻る中村哲さん 緑の大地に変わった砂漠に分骨へ

    週刊朝日

    12/14

  • 「喪失感は余りにも大きい」中村哲さんが学んだ母校が哀悼文

    「喪失感は余りにも大きい」中村哲さんが学んだ母校が哀悼文

    dot.

    12/6

    「困った人々の心に明るさをともす」 中村医師が亡くなった同僚に誓った生き方

    「困った人々の心に明るさをともす」 中村医師が亡くなった同僚に誓った生き方

    AERA

    12/11

  • 「日本人はアフガニスタンの本当の友人だ」 中村哲医師がかつて一人で貫いた水路支援に現地の声

    「日本人はアフガニスタンの本当の友人だ」 中村哲医師がかつて一人で貫いた水路支援に現地の声

    AERA

    12/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す