「投高打低」のプロ野球、40年ぶり「1割打者」誕生の可能性 「すごいこと」専門家が絶賛のワケ

2022/06/30 11:00

 今季のプロ野球では、ノーヒットノーランを4投手が達成している。一方、3割打者の数はセ・パ各リーグで3人前後。投高打低の状況を専門家はどう見るのか。AERA 2022年7月4日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • フルスイング増加も影響 ノーヒットノーランが今季「多発」する理由、専門家が解説

    フルスイング増加も影響 ノーヒットノーランが今季「多発」する理由、専門家が解説

    AERA

    6/29

    パ・リーグの投手がえげつないことになっている 「投高打低」の理由とは?

    パ・リーグの投手がえげつないことになっている 「投高打低」の理由とは?

    dot.

    7/9

  • 今季すでにノーヒットノーランが4人誕生…選手年俸も「投高打低」の時代到来か

    今季すでにノーヒットノーランが4人誕生…選手年俸も「投高打低」の時代到来か

    dot.

    6/24

    プロ野球「飛ばないボール問題」の議論が過熱 「縫い目が0.1ミリ高いだけで大きく影響」と専門家

    プロ野球「飛ばないボール問題」の議論が過熱 「縫い目が0.1ミリ高いだけで大きく影響」と専門家

    dot.

    6/25

  • 今季プロ野球で記録が生まれる要因は? 東尾修「数字や映像が選手の改良後押し」
    筆者の顔写真

    東尾修

    今季プロ野球で記録が生まれる要因は? 東尾修「数字や映像が選手の改良後押し」

    週刊朝日

    6/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す