「退職勧奨」は辞めたくないなら断れる だれもがリストラの対象になる時代の心構え

仕事

2022/06/18 11:30

 40代以上の中高年の労働者が、相次いでリストラの対象になっている。デジタル化やコロナ禍のため、好業績でも人員削減に踏み切る企業があるほどだ。どんな心構えで働けばいいか。いざというときはどうするべきか。AERA 2022年6月20日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • 約4割が「黒字リストラ」好業績なのになぜ? 背景にコロナとデジタル化への対応

    約4割が「黒字リストラ」好業績なのになぜ? 背景にコロナとデジタル化への対応

    AERA

    6/17

    「法令順守」の名のもとバッサリ切られる…派遣をとりまく現実

    「法令順守」の名のもとバッサリ切られる…派遣をとりまく現実

    AERA

    1/22

  • 退職理由の半数はウソ それでもなぜ円満退職しなければならないのか?

    退職理由の半数はウソ それでもなぜ円満退職しなければならないのか?

    dot.

    2/27

    営業成績2位なのに妊娠後マタハラで時給3割減 38歳女性が労組結成して得た権利とは?
    筆者の顔写真

    小林美希

    営業成績2位なのに妊娠後マタハラで時給3割減 38歳女性が労組結成して得た権利とは?

    dot.

    3/28

  • 派遣先のセクハラに打ち切り対処法は? 弁護士が身を守る術を解説

    派遣先のセクハラに打ち切り対処法は? 弁護士が身を守る術を解説

    AERA

    3/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す