コーダから学ぶ他者への理解 気づきを得れば、人と人との間のバリアーが解除される

シネマ×SDGs

2022/06/12 07:00

 耳の聞こえない親から生まれた耳の聞こえる子どもたち、コーダ(CODA=Children Of Deaf Adults)。家では手話、外では口話を話すコーダたちは、どちらの世界にも馴染めない。米国で暮らすそんな子どもたちを3年間追ったドキュメンタリー──。連載「シネマ×SDGs」の8回目は、米カリフォルニアでコーダに取材し、映像化した松井至監督に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 「ろう者」主人公のシリーズ、なぜこのテーマで? 小説で障害のリアル掘り下げる

    「ろう者」主人公のシリーズ、なぜこのテーマで? 小説で障害のリアル掘り下げる

    AERA

    8/29

    誤解からバカにされ、失望され… 障がい者雇用の厳しい現実

    誤解からバカにされ、失望され… 障がい者雇用の厳しい現実

    dot.

    9/28

  • 差別の苦しみから自殺した「ろう者」への手紙が一本の映画に

    差別の苦しみから自殺した「ろう者」への手紙が一本の映画に

    AERA

    10/20

    学校でのいじめ、職場での無理解で適応障害に… 「ろう者」が直面してきた理不尽な人生

    学校でのいじめ、職場での無理解で適応障害に… 「ろう者」が直面してきた理不尽な人生

    dot.

    10/11

  • エミリア・ジョーンズ「手話で言いたい言葉と繋がれた」 ろうの親を持つ子ども役で感じたこと

    エミリア・ジョーンズ「手話で言いたい言葉と繋がれた」 ろうの親を持つ子ども役で感じたこと

    AERA

    1/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す