「創作が私にとって生きていくための唯一のオプション」女性監督が抱える困難にもめげない

シネマ×SDGs

2022/06/05 07:00

 1924年、英国中のメイドが年に一度の里帰りを許される母の日。ニヴン家で働くジェーンは孤児ゆえ帰る家がない。そんな彼女のもとへ隣家の跡継ぎで幼なじみとの結婚式を控えたポールから誘いがかかる……。今、小説家になったジェーンは、自身の人生を変えた一日を振り返る。──。連載「シネマ×SDGs」の7回目は、生まれと教育レベルにハンデのある女性が人生を切り開いていく物語「帰らない日曜日」のエヴァ・ユッソン監督に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 評論家全員満点! A・ホプキンス2度目のアカデミー賞作「ファーザー」

    評論家全員満点! A・ホプキンス2度目のアカデミー賞作「ファーザー」

    週刊朝日

    5/14

    「予想もつかない結末」と「皮肉な悲劇」…アカデミー賞ノミネート『皮膚を売った男』

    「予想もつかない結末」と「皮肉な悲劇」…アカデミー賞ノミネート『皮膚を売った男』

    週刊朝日

    11/18

  • アカデミー賞でも注目 実話「欧州最悪の悲劇」を描く「アイダよ、何処へ」

    アカデミー賞でも注目 実話「欧州最悪の悲劇」を描く「アイダよ、何処へ」

    週刊朝日

    9/3

    「200年後の今だからこそ語る価値がある」マイク・リー監督が描くピータールー虐殺事件

    「200年後の今だからこそ語る価値がある」マイク・リー監督が描くピータールー虐殺事件

    AERA

    7/28

  • 奇才カラックス監督の最新作 悪魔的運命に翻弄されるダーク・ファンタジー「アネット」

    奇才カラックス監督の最新作 悪魔的運命に翻弄されるダーク・ファンタジー「アネット」

    週刊朝日

    4/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す