科学と社会をつないでいく 科学コミュニケーター・本田隆行

AERA「現代の肖像」

現代の肖像

2022/05/28 18:00

仕事の対象は、森羅万象。一人でどこへでも向かい、社会にあるさまざまな「間」をサイエンスで橋渡しする(撮影/MIKIKO)
仕事の対象は、森羅万象。一人でどこへでも向かい、社会にあるさまざまな「間」をサイエンスで橋渡しする(撮影/MIKIKO)

 科学コミュニケーター、本田隆行。天文学者になりたい。その夢を追いかけて惑星科学を学び、大学院生のときは、はやぶさのプロジェクトにも参加した。だが、研究者の道は断念。代わりに覚悟を決めて飛び込んだのが、サイエンスコミュニケーションの世界だった。使命は、科学と社会をつなぐこと。日本中の「わからない」に耳を傾け、科学的に考えるためのヒントを届ける。

【この記事の写真をもっと見る】

*  *  *

 ディレクターからキューが飛ぶと、本田隆行(ほんだたかゆき)(39)の朗々とした声が室内に響いた。

 その日、本田がいたのは、東京都小金井市にある情報通信研究機構の一室。同研究員とゲストクリエーターら4人によるYouTubeトーク番組のファシリテーションを任されていた。

「見えないものを見るために、何が必要ですか?」

 本田からの問いかけに、研究者とクリエーターが、それぞれの立場から意見を述べていく。

「まずはデータを集めないといけません。その中から何を見える化していくかを考えることです」

「私の場合、データから『これは不可能だな』とかは検証せずに、まず作っちゃいますね」

「確かに、とりあえず手を動かして、可視化することで見えてくるものもありますよね」

 本田の問いを起点に、議論が深まりをみせる。

 最初の質問の狙い。それは形なき情報を扱う研究者と、形ある物を作るクリエーターの間に、思考の「接続点」を見いだすことにあった。

「今までにない角度の問いをぶつけることで、新しいアイデアや化学反応が生まれるきっかけができる。科学コミュニケーターの役割は、正解を出すことではなく“つなぐ”ことなんです」

 本田は、全国でも数人しかいないフリーランスの科学コミュニケーターだ。

 仕事の領域は広い。これまでに科学に関する展示のプロデュース、科学イベントの企画・実演・ファシリテーション、メディア出演、書籍の執筆、大学講師と、「科学のことならジャンルを問わず首を突っ込んできた」。その活動が評価され、2017年には日本サイエンスコミュニケーション協会奨励賞の初代受賞者にも選ばれた。

■将来の夢は天文学者 「はやぶさ」にも携わる

 取材中、関係者から異口同音に聞いたのが「『この仕事、誰に頼めばいいの?』ってときこそ、真っ先に本田さんの顔が浮かぶ」という言葉だ。

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • おうちで科学館を楽しもう♪この時期ならではの企画も〜東京・神奈川編〜

    おうちで科学館を楽しもう♪この時期ならではの企画も〜東京・神奈川編〜

    tenki.jp

    6/6

    なぜ日本人は「イグ・ノーベル賞」で強いのか “笑える研究”で11年連続受賞

    なぜ日本人は「イグ・ノーベル賞」で強いのか “笑える研究”で11年連続受賞

    AERA

    10/11

  • 最優秀賞は音楽を軸にしたコミュニケーション・ツール“SYNCEE” 【START ME UP AWARDS 2016】最終審査結果

    最優秀賞は音楽を軸にしたコミュニケーション・ツール“SYNCEE” 【START ME UP AWARDS 2016】最終審査結果

    Billboard JAPAN

    11/1

    12年ぶり刊行「学研の科学」“体験”を身近に 子どもだけでなく科学が注目されるワケ

    12年ぶり刊行「学研の科学」“体験”を身近に 子どもだけでなく科学が注目されるワケ

    AERA

    8/19

  • 夏休み特別企画 ロボットと人工知能を知る24冊(後編)

    夏休み特別企画 ロボットと人工知能を知る24冊(後編)

    週刊朝日

    8/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す