マクロン氏が仏大統領選に再選、分断という病を治療できるか 対ロシア制裁も課題

2022/05/11 18:00

 右翼候補のマリーヌ・ルペン氏を破り、続投を決めたフランスのエマニュエル・マクロン大統領。国民の分断を克服する使命を帯びるが、対ロシア問題も抱え、難しい舵取りを迫られる。AERA 2022年5月16日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • 「マクロンvs.ルペン」仏大統領選を振り返る 棄権票が目立ち“政治不信”あらわに

    「マクロンvs.ルペン」仏大統領選を振り返る 棄権票が目立ち“政治不信”あらわに

    AERA

    5/10

    フランス大統領選の本当の勝者

    フランス大統領選の本当の勝者

    AERA

    5/17

  • 米国のネットで拡散「Qアノン」現象 中間選挙は国内冷戦の様相

    米国のネットで拡散「Qアノン」現象 中間選挙は国内冷戦の様相

    AERA

    9/22

    ルペンだったら解決できた? マクロン仏大統領がぶちあたるカベ
    筆者の顔写真

    藤巻健史

    ルペンだったら解決できた? マクロン仏大統領がぶちあたるカベ

    週刊朝日

    6/7

  • フランス国民が25歳差のマクロン夫妻に願うこと

    フランス国民が25歳差のマクロン夫妻に願うこと

    AERA

    5/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す