車いすでパリのランウェイへ 平林景が目指すオシャレという名の自由

2022/02/20 09:00

 時に車いすに座り、時に仁王立ちする巻きスカート姿の男性の写真が、最近SNSを賑わせている。コンセプトは老若男女誰でも着られて、障害がある人でも着脱しやすく、かっこいい服だ。日本障がい者ファッション協会理事の平林景さんが語った。AERA 2022年2月21日号から。

あわせて読みたい

  • 「ウルウルしながら走った」車いすラグビー日本代表が初体験の大歓声

    「ウルウルしながら走った」車いすラグビー日本代表が初体験の大歓声

    AERA

    11/2

    パラリンピックの勝敗を決めるのは「選手の努力」だけじゃない

    パラリンピックの勝敗を決めるのは「選手の努力」だけじゃない

    AERA

    9/20

  • 健常者もはまる激しさ 車いすバスケの奥深い魅力

    健常者もはまる激しさ 車いすバスケの奥深い魅力

    AERA

    11/5

    パラアスリート採用も追い風 東京五輪きっかけに障がい者スポーツに熱視線

    パラアスリート採用も追い風 東京五輪きっかけに障がい者スポーツに熱視線

    AERA

    4/2

  • 車いすバービー登場に喜びの声 「自立したアクティブな存在」

    車いすバービー登場に喜びの声 「自立したアクティブな存在」

    AERA

    10/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す