グリコが“ふぞろいカプリコ”で食品ロス削減へ 販売実現までに1年半かかった理由

2022/02/18 11:00

 近年世界中で浸透してきた「フードロス削減」の考え。この考えに基づき、日本でもあえてふぞろい品を販売する企業が増えてきている。AERA 2022年2月21日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 無印良品が中国国営テレビ「消費者の日」で槍玉に…現地ユーザーの反応は?

    無印良品が中国国営テレビ「消費者の日」で槍玉に…現地ユーザーの反応は?

    dot.

    3/16

    通常品より人気あり? 自動販売機で食品ロスをお得に減らす取り組みが「三方よし」

    通常品より人気あり? 自動販売機で食品ロスをお得に減らす取り組みが「三方よし」

    AERA

    7/18

  • 「しゃけは全身しゃけなんだ。」無印良品の初期ヒット作と故堤清二さん

    「しゃけは全身しゃけなんだ。」無印良品の初期ヒット作と故堤清二さん

    週刊朝日

    12/4

    日本の食品ロス量は世界6位、アジアで1位と不名誉な実態 削減加速のカギとは?

    日本の食品ロス量は世界6位、アジアで1位と不名誉な実態 削減加速のカギとは?

    AERA

    3/27

  • コーヒーかすがファッションに 気軽に貢献できる「エコ」の新しいカタチ

    コーヒーかすがファッションに 気軽に貢献できる「エコ」の新しいカタチ

    AERA

    8/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す