中山咲月「知ってもらうために必要なのは1.5歩」 辿り着いた“押しつけないジェンダー観”

2021/12/27 11:30

 モデル、俳優として活躍する中山咲月さん。トランスジェンダーであると公表するまでには生きていたくないと思うほどの葛藤があった。理解できなくても、「知ろうとすることだけはやめないでほしい」と語る。AERA 2021年12月27日号から。

あわせて読みたい

  • 中山咲月「思う以上に温かな人々に囲まれていた」 トランスジェンダー公表で見た世界

    中山咲月「思う以上に温かな人々に囲まれていた」 トランスジェンダー公表で見た世界

    AERA

    12/21

    12月20日発売のAERA巻頭特集は「2022年こそ副業を始めよう 自分の市場価値を上げた3人の発見」

    12月20日発売のAERA巻頭特集は「2022年こそ副業を始めよう 自分の市場価値を上げた3人の発見」

    12/17

  • 「性別移行で得た経験は社会を変える武器になる」 トランスジェンダーの2人が語り合う自分らしい生き方

    「性別移行で得た経験は社会を変える武器になる」 トランスジェンダーの2人が語り合う自分らしい生き方

    AERA

    3/31

    「生きづらさを知ってほしい」 いまを生きるトランスジェンダーのドキュメンタリーが伝えるもの

    「生きづらさを知ってほしい」 いまを生きるトランスジェンダーのドキュメンタリーが伝えるもの

    AERA

    10/19

  • 8月号翻訳家 中山宥 Nakayama Yu人生という悲劇を美しい音楽に変える術

    8月号翻訳家 中山宥 Nakayama Yu人生という悲劇を美しい音楽に変える術

    8/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す