岸田政権「求心力」失う一歩か 北京五輪の外交ボイコット「足して2で割る」結論で

2021/12/21 08:00

 北京冬季五輪を巡って米国などが外交ボイコットを表明。米中の対立が深まる中、日本はどうするのか。岸田首相の判断に注目が集まっている。AERA 2021年12月27日号から。

あわせて読みたい

  • 北京五輪

    北京五輪"外交的ボイコット"で安倍―高市連合の圧力 岸田首相の本音は「中国の顔も立てたい」

    dot.

    12/10

    安倍元首相が森友裁判、桜を見る会、アベノマスクなど岸田政権の対応にピリピリ「政局を仕掛けるかも」

    安倍元首相が森友裁判、桜を見る会、アベノマスクなど岸田政権の対応にピリピリ「政局を仕掛けるかも」

    dot.

    12/17

  • 岸田政権を待ち受ける三つの難題 政策面で似る泉・立憲代表と「接近戦」も

    岸田政権を待ち受ける三つの難題 政策面で似る泉・立憲代表と「接近戦」も

    AERA

    12/7

    IOCバッハ会長は中国の意に沿ったのか 「彭帥問題」で火種を抱えた平和の祭典

    IOCバッハ会長は中国の意に沿ったのか 「彭帥問題」で火種を抱えた平和の祭典

    AERA

    12/16

  • 内憂外患の岸田首相に不安の声 総選挙でのベテラン苦戦 甘利幹事長も小選挙区で敗北

    内憂外患の岸田首相に不安の声 総選挙でのベテラン苦戦 甘利幹事長も小選挙区で敗北

    AERA

    11/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す