IOCバッハ会長は中国の意に沿ったのか 「彭帥問題」で火種を抱えた平和の祭典

2021/12/16 10:00

 中国の女子テニス選手・彭帥(ポン・ショワイ)さんが、張高麗前(チャン・カオリー)副首相からの性被害を訴えて失踪した。だが、国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ会長は中国批判を避けている。北京冬季五輪の舞台を整える中国政府への配慮がみえる。AERA 2021年12月20日号から。

あわせて読みたい

  • 「彭帥問題」で中国と真っ向から対立 なぜ女子テニス協会はIOCと違う対応できた?

    「彭帥問題」で中国と真っ向から対立 なぜ女子テニス協会はIOCと違う対応できた?

    AERA

    12/15

    中国元副首相との不倫告白した女子テニス選手が姿現すも「違和感がありすぎる」の声 バッハ会長に不信感も

    中国元副首相との不倫告白した女子テニス選手が姿現すも「違和感がありすぎる」の声 バッハ会長に不信感も

    dot.

    11/22

  • 「彭帥問題」で中国と真っ向から対立 なぜ女子テニス協会はIOCと違う対応できた?

    「彭帥問題」で中国と真っ向から対立 なぜ女子テニス協会はIOCと違う対応できた?

    AERA

    12/15

    北京五輪でバッハ会長の株がさらに下落「このままでは五輪開催が支持されない」の嘆き

    北京五輪でバッハ会長の株がさらに下落「このままでは五輪開催が支持されない」の嘆き

    dot.

    2/23

  • 東京五輪は「1年程度延期」 チケット購入者には「配慮」、聖火リレー走者は「優先」

    東京五輪は「1年程度延期」 チケット購入者には「配慮」、聖火リレー走者は「優先」

    週刊朝日

    3/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す