中学受験、「毒」か「良薬」かは親次第? ほとんどの親が襲われる「魔物」との向き合い方とは

中学受験

2021/11/21 08:00

 年明けの中学受験シーズンが迫り、不安と焦りを感じる親子も多いだろう。また、小学3年生の家庭などでは、中学受験に向け来春からの塾選びも本格化している。なぜ中学受験するのだろうか? 問い続ければ最後に笑顔になるのだという。AERA 2021年11月22日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 中学受験で親が言ってはいけない3つの言葉、「あなたのため」「いい教育を与えたい」もう一つは?

    中学受験で親が言ってはいけない3つの言葉、「あなたのため」「いい教育を与えたい」もう一つは?

    dot.

    11/18

    我が子の受験“いつ”がベスト? 独自の判別テストでチェック

    我が子の受験“いつ”がベスト? 独自の判別テストでチェック

    AERA

    7/10

  • 睡眠を犠牲、過酷な競争、親子バトル…中学受験を「魔界」にしないための心構えとは

    睡眠を犠牲、過酷な競争、親子バトル…中学受験を「魔界」にしないための心構えとは

    dot.

    6/25

    中学受験の“ラスボス”はお父さん? 「小6の最後になって登場して…」

    中学受験の“ラスボス”はお父さん? 「小6の最後になって登場して…」

    AERA

    7/11

  • 「ごめんね。応援ありがとう」中学受験は合否だけじゃない!息子が母に贈った一輪の花

    「ごめんね。応援ありがとう」中学受験は合否だけじゃない!息子が母に贈った一輪の花

    dot.

    3/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す