社員も株主も全部「敵」 スマートロックで成功した起業家がみた修羅場

2021/08/18 16:00

まきた・えり/1982年生まれ、東京都出身。38歳(撮影/写真部・東川哲也)
まきた・えり/1982年生まれ、東京都出身。38歳(撮影/写真部・東川哲也)
本社は福岡市にある。市長がベンチャー企業の誘致に積極的で、様々な優遇策が受けられる。コロナ禍でメンバーの大半はリモートワークだ(撮影/写真部・東川哲也)
本社は福岡市にある。市長がベンチャー企業の誘致に積極的で、様々な優遇策が受けられる。コロナ禍でメンバーの大半はリモートワークだ(撮影/写真部・東川哲也)

 かつての起業家が「意思ある投資家」として、次世代の起業家を育てる。そんな循環の中心にいる人々に迫る短期集中連載。第1シリーズの初回は、スマートロックで注目の人物だ。AERA2021年8月16日-8月23日合併号の記事を3回に分けて紹介する。

【写真の続き】福岡にある本社

*  *  *
 2021年2月、彼女は朝から沖縄の海をぼんやりと眺めていた。Airbnb(ネットで借りられる民泊施設)を転々としながら、海を眺める生活を始めて、2カ月がたっていた。

 スマートロック(電子暗号鍵)を使ったシェアオフィスを展開するベンチャー企業tsumug(ツムグ)を創業した牧田恵里(38)。大学を卒業してから17年間、ずっとジェットコースターのような人生を歩んできた。こんなふうに何もせず、ぼんやり過ごすのは初めてだ。

 時折、起業家の血が騒ぎ、新しいビジネスのアイデアが浮かぶと、居ても立ってもいられなくなる。バッグからスマホを取り出し、電話する。相手の小笠原治(50)はツムグの設立時に出資してくれた投資家で、会社の取締役でもある。牧田にとってはメンターのような存在だ。

「このプラン、絶対いけると思うんですよ」

 牧田のマシンガントークを小笠原は黙って聞き流し、最後にこう返した。

「うん、分かった。もう少しそっちでゆっくりして、戻ってきてから考えようや」

(ああ、またやってしまった)

 電話が切れると、牧田はがっくりうなだれた。

(こんなはずではない。私は一体何をやっているの)

■コロナで歯車が逆回転

 6年前、33歳で起業家という生き方を選んだ牧田。自分は強い人間だと思っていた。会社を立ち上げる時には、頼もしい仲間が続々と集まった。ベンチャー投資家や金融機関も力強く背中を押してくれた。

 開発したスマートロックは賃貸住宅大手に採用され、順調なスタートを切った。ベンチャーの成功事例としてオンラインメディアに記事が載り、起業家仲間の間でちょっとした顔になった。多くの人に応援される自分は、幸せ者だと思っていた。

NEXT

社員も株主も全部「敵」

1 2 3

あわせて読みたい

  • 著名実業家の孫泰蔵氏に起業を直談判 元彼との苦い思い出を「事業化」

    著名実業家の孫泰蔵氏に起業を直談判 元彼との苦い思い出を「事業化」

    AERA

    8/20

    25歳で5億の借金 乗り切った後、「私には経営者の血が流れている」と自覚

    25歳で5億の借金 乗り切った後、「私には経営者の血が流れている」と自覚

    AERA

    8/19

  • 「事業計画書なんて読んでも無駄」 エンジェル投資家が「お目目キラキラの幼稚園児」に投資する理由

    「事業計画書なんて読んでも無駄」 エンジェル投資家が「お目目キラキラの幼稚園児」に投資する理由

    AERA

    9/19

    投資会社社長も興味示した「光る靴」開発 米国発の「メーカーズムーブメント」の流れが後押し

    投資会社社長も興味示した「光る靴」開発 米国発の「メーカーズムーブメント」の流れが後押し

    AERA

    8/29

  • 天才プログラマーも魅了した元受付係の起業家 「起業の神様」の“壁打ち”で事業計画を磨く

    天才プログラマーも魅了した元受付係の起業家 「起業の神様」の“壁打ち”で事業計画を磨く

    AERA

    9/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す