桑田佳祐「SMILE~晴れ渡る空のように~」はいま、未来を信じる"約束の歌"となった

AERAオンライン限定

2021/07/16 15:00

 この精神性は「SMILE」においても<世の中は今日この瞬間も悲しみの声がする>というフレーズに表れていると筆者は捉えている。桑田自身、この曲のタイトルについて「被災地が明るく元気でありますようにという思いを込めた」とコメントしているし、今年3月11日河北新報掲載のインタビューでも、「音楽人として東北に向き合い、復興のために活動することが第一のプライオリティー(優先順位)だと思っている」と語っていた。

■初出時以上の意味合いを帯びる

 また、「SMILE」については今年3月7日の配信ライブ「静かな春の戯れ ~Live in Blue Note Tokyo~」も忘れられない。桑田は今回のコロナ禍において、サザンで2回、ソロ名義で1回の配信ライブを行ってきた。その背景には有観客での公演がままならないエンターテインメント業界の苦境と自身のライブ制作に携わるスタッフへの憂慮があった。

「静かな春の戯れ」における「SMILE」の演奏では、制作スタッフたちが観客の代わりを担うかのように腕を上げ、手拍子を送ってステージを盛り上げていた。この時「SMILE」は、エンターテインメントの未来を信じる"約束の歌"としても機能していたのだ。

 このように、一つの曲の意味が後に初出時以上の意味合いを帯びるといったケースが桑田の曲には幾つもある。直近では、11年のアルバム「MUSICMAN」収録の「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」が今年10月1日公開の新作映画「護られなかった者たちへ」の主題歌に決定している。

 1966年のビートルズ来日という音楽体験をモチーフに、その後の日本が辿った環境や価値観の変化を描いたこの曲は、11年9月のソロライブ「宮城ライブ~明日へのマーチ!!~」のアンコールで歌われ、当時の観客の様々な思いとリンクした。その曲が、いままた新たな物語のテーマとして選ばれ、脚光を浴びようとしているのだ。

 桑田が自身のソングライティングにおいて独自のジャーナルな視点を発揮してきた曲は、サザン/ソロのそれぞれで幾つも存在する。

NEXT

リスナーを支え、励ます

1 2 3

あわせて読みたい

  • 桑田佳祐、3月開催の自身初ソロ無観客配信ライブが映像化決定

    桑田佳祐、3月開催の自身初ソロ無観客配信ライブが映像化決定

    Billboard JAPAN

    7/28

    どんなときも逆境を跳ね返すことができるはずだ――桑田佳祐が歌う普遍の人間賛歌「SMILE~晴れ渡る空のように~」

    どんなときも逆境を跳ね返すことができるはずだ――桑田佳祐が歌う普遍の人間賛歌「SMILE~晴れ渡る空のように~」

    Billboard JAPAN

    3/26

  • 桑田佳祐、スポーツ総合誌『Number』表紙に異例の初登場

    桑田佳祐、スポーツ総合誌『Number』表紙に異例の初登場

    Billboard JAPAN

    1/30

    サザンオールスターズ「無観客配信ライブ」の衝撃 逆境を逆手に取ったステージ演出秘話

    サザンオールスターズ「無観客配信ライブ」の衝撃 逆境を逆手に取ったステージ演出秘話

    AERA

    8/1

  • サザンが無観客配信ライブを急きょ開催、一部収益は医療機関のために

    サザンが無観客配信ライブを急きょ開催、一部収益は医療機関のために

    Billboard JAPAN

    6/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す