「うちの子はこういう子」と決めつけると子どもの可能性を見失う…子育てはメンタルが9割 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「うちの子はこういう子」と決めつけると子どもの可能性を見失う…子育てはメンタルが9割

星渉AERA#AERAオンライン限定
写真はイメージです(gettyimages)

写真はイメージです(gettyimages)

星渉(ほし・わたる)/作家、講演家。著書に『神メンタル』『神トーーク』『99.9%は幸せの素人』(すべてKADOKAWA)は累計30万部を超えるベストセラー。(写真:本人提供)

星渉(ほし・わたる)/作家、講演家。著書に『神メンタル』『神トーーク』『99.9%は幸せの素人』(すべてKADOKAWA)は累計30万部を超えるベストセラー。(写真:本人提供)

 親なら誰もが経験する、子育て中のイライラ・怒り。朝なかなか起きてこない、朝の準備が遅い、子どものいい分もわかるものの、つい声を荒げてしまって自己嫌悪……そんなことはありませんか? そこで、話題の新刊『科学的にイライラ怒りを手放す 神子育て』の著者である、作家・講演家の星渉さんに「これを知っているとイライラする回数が減る」という対処法を教えていただきました。今回は、「子育てはメンタルが9割」をひも解きます。

【写真】『神子育て』の著者、星渉さんはこちら

*  *  *
 著書『神メンタル』で記した、思いどおりに生きるための公式「現実(未来)=目的地×メンタル×手段」。この公式の中でいちばん大事なものは何でしょうか? そうですメンタルです。

 目指す目的地がわかっていても、メンタルが整っていないと、結局は実行できないんですね。つまり、メンタルって飛行機の燃料みたいなものなんです。目的地がわかっていても、燃料がないと飛行機が飛ばないのと同じです。

 メンタルというのは、「自己評価」とも言い換えることができます。自己評価というのは、自分で自分のことをどういう人かと思っているか。これがメンタルの正体です。

 じゃあどうして、自己評価が燃料になるのか、という話をしますね。

 少し話が逸れますが、私たちが日常で情報をどう拾っているか、皆さんご存じでしょうか。

 私たちは五感で1秒間に約2千個もの情報を察知しているといわれています。明るい、何か音が聞こえるとか、何かに触れている、とか。イメージとしては毎秒2千個のピンポン球が体に飛んできているような状態なんです。

しかし全ての情報は認識できないから、この情報は重要、というものを脳が指令を出して察知し、受け取れるピンポン球は2千個のうちわずか8~16個といわれています。例えば、私が「皆さんは今、椅子に座っていますね」と言うと、急に椅子に座っている感覚を意識しますよね。でも、私が言うまでは、「座っている」という感覚はなかったはずです。なぜかというと、その情報は重要ではないから、2千個の中の8~16個の情報の中にチョイスされていなかったのです。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい