岩田健太郎医師が日本のコロナ対策に苦言 「第4波は来るべくして来た」

新型コロナウイルス

2021/04/20 08:00

■政府は具体的な目標を

――問題視するのは、具体的な目標を打ち出さない政府の対応だ。

 そもそも、政府がどのような状態を目指しているのか、目標がわかりません。菅義偉首相は「国民の皆さんの命と健康を守り抜く」「新型コロナウイルス感染症を一日も早く収束させます」と言いますが、抽象的で、人によって解釈が変わります。

 感染者ゼロを目指すのか、それとも1日の感染者数が数百人程度になればそれでよしとするのか。具体的な目標を明らかにするべきです。

――国内の新型コロナウイルスによる死者はすでに9千人を超えている。岩田医師は、「感染者増加に4週程度遅れて死者の報告が増加するので、死者が1万人を超えるのは時間の問題」という。

 これだけ大勢の死亡者が出ている国は東アジアにはありません。米ジョンズ・ホプキンズ大によると、日本の人口10万人あたりの死亡者数は7.53人。韓国(同3.45人)や中国(同0.35人)などと、差が大きくなってきています。

 亡くなった方の多くは高齢者です。経済を回すにはある程度は高齢者が亡くなるのは仕方ない、という目標も、理論的にはあり得るでしょう。もし責任ある政治家がそう考えているなら、きちんと国民に、日本の経済を守るためにこうしたいと説明し、国民の納得を得るべきです。

 しかし、実際には、上っ面のきれいごとしか言いません。具体的な目標を掲げると、達成できなかった時に失敗したと非難されるからでしょう。責任を回避するような態度からは、経済界などにも忖度しながら何となく落としどころが見つかればいいといった、やる気の無さしか感じられません。

――東京五輪開催まで100日を切った。だが、収束までのロードマップはない。

 東京五輪・パラリンピックについてもいまだに「開催する」と言うだけで、感染状況がどうなったら、どのような形態で開催できるのかを責任者は誰も明確にしません。

 観客を一切入れず、選手と関係者だけにすれば開催は不可能ではないかもしれません。ただし、それでは、「人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証し」としての開催にはなりません。しかも、今のような国内の感染状況では、危ないから選手団を派遣できない、という国も出てくるかもしれません。

※【後編】<「日本も感染ゼロを目指すべき」 岩田健太郎医師が提案する都道府県ごとのコロナ対策>へ続く

(構成/科学ジャーナリスト・大岩ゆり)

AERA 2021年4月26日号より抜粋

1 2

あわせて読みたい

  • 「日本も感染ゼロを目指すべき」 岩田健太郎医師が提案する都道府県ごとのコロナ対策

    「日本も感染ゼロを目指すべき」 岩田健太郎医師が提案する都道府県ごとのコロナ対策

    AERA

    4/20

    緊急事態宣言下の五輪に!? 増える変異株で「第4波」ピークが夏直撃か

    緊急事態宣言下の五輪に!? 増える変異株で「第4波」ピークが夏直撃か

    週刊朝日

    3/24

  • 岩田健太郎医師が問う「医療崩壊」と「ワクチン後」 「犠牲者数も考えて経済活動再開の議論を」

    岩田健太郎医師が問う「医療崩壊」と「ワクチン後」 「犠牲者数も考えて経済活動再開の議論を」

    AERA

    9/11

    医師・岩田健太郎「空虚すぎた菅政権『五つの方針』。五輪開催はインポッシブル」

    医師・岩田健太郎「空虚すぎた菅政権『五つの方針』。五輪開催はインポッシブル」

    週刊朝日

    3/25

  • AIが予測 「第4波ピークは10月、過去最悪の大流行に」 五輪開会式を「変異株ショック」が直撃

    AIが予測 「第4波ピークは10月、過去最悪の大流行に」 五輪開会式を「変異株ショック」が直撃

    週刊朝日

    4/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す