「半農半X」が日本の農業強化の“切り札”に コロナ下の地方志向も追い風

働き方

2020/12/29 08:02

 高齢化で細る農業の生産現場を強化しようと、政府が政策を転換した。新たな担い手に、別の仕事を持ちつつ農業もやる若い世代を期待する。コロナ下の地方志向も追い風になっている。AERA 2020年12月28日-2021年1月4日合併号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • トマト生産者の生活に憧れ? スノボ好きの若者に福島移住の動き

    トマト生産者の生活に憧れ? スノボ好きの若者に福島移住の動き

    AERA

    2/16

    福井・池田町は移住で「最大500万円」支援 首都圏なら狙い目は「条件不利地域」

    福井・池田町は移住で「最大500万円」支援 首都圏なら狙い目は「条件不利地域」

    AERA

    5/30

  • 借金なし、補助金なし、農薬なし、ロスなし!ないなしづくしの農業でストレスなし

    借金なし、補助金なし、農薬なし、ロスなし!ないなしづくしの農業でストレスなし

    ダイヤモンド・オンライン

    10/24

    「海抜ゼロ地帯の住人は遊休農地に移住せよ!」住宅メーカー社長が提言

    「海抜ゼロ地帯の住人は遊休農地に移住せよ!」住宅メーカー社長が提言

    週刊朝日

    6/22

  • 無収入で過酷 増えない若き新規就農者の雇用を支援

    無収入で過酷 増えない若き新規就農者の雇用を支援

    週刊朝日

    8/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す