リビングは共有スペースなのに、散らかっているのは妻のせい? 在宅勤務の夫からの小言に募る不満

2020/12/24 08:02

 おうち時間が増えると同時に、仕事道具や日用品など、多くのものが家に持ち込まれた2020年。多くの家庭で「片付け」問題が起きている。AERA 2020年12月28日-2021年1月4日合併号は「片付け」を特集。

あわせて読みたい

  • 在宅ワーク散らかり回避術 「部屋割り」見直しの意外なカギとは

    在宅ワーク散らかり回避術 「部屋割り」見直しの意外なカギとは

    AERA

    8/11

    コロナ禍の片付けは「捨てない」でいい! モノが増えても「スッキリ」見せるコツ

    コロナ禍の片付けは「捨てない」でいい! モノが増えても「スッキリ」見せるコツ

    AERA

    8/9

  • 「リモート片付け」が親子関係に効く プロが伝授する親を幸せにする「5カ条」とは

    「リモート片付け」が親子関係に効く プロが伝授する親を幸せにする「5カ条」とは

    AERA

    8/8

    ビフォー/アフターは部屋だけじゃない!夫の「箱買い」対策も変わった
    筆者の顔写真

    西崎彩智

    ビフォー/アフターは部屋だけじゃない!夫の「箱買い」対策も変わった

    AERA

    8/16

  • 動線を見直しながら片付けたら、娘の部屋の床から洋服が消えた
    筆者の顔写真

    西崎彩智

    動線を見直しながら片付けたら、娘の部屋の床から洋服が消えた

    AERA

    11/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す