森崎ウィン ボーダーレス・エンターテイナーとしてカンヌの次に目指すもの (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

森崎ウィン ボーダーレス・エンターテイナーとしてカンヌの次に目指すもの

古谷ゆう子AERA
俳優・歌手 森崎ウィン[写真/(c)HI-AX、(c)高橋ヒロシ(秋田書店)]

俳優・歌手 森崎ウィン[写真/(c)HI-AX、(c)高橋ヒロシ(秋田書店)]

 10歳で来日、2018年にはスピルバーグ監督「レディ・プレイヤー1」に出演した。以来、映画やドラマへの出演が続く。ミャンマー出身の俳優、森崎ウィンが目指すのは、ボーダーレスなエンターテイナーだ。AERA 2020年12月21日号から。

【写真】森崎ウィンさんが表紙を飾ったAERAはこちら

*  *  *
 今年、カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション2020に選出された「本気のしるし 劇場版」で主演を務め、郊外の文具メーカーに勤める営業マンを演じた。偶然出会った女性に翻弄(ほんろう)され、闇に引きずり込まれていく役柄は、自身の新境地を切り開いたように見えた。

森崎ウィン(以下、森崎):なかなか明るいニュースのない現在のような状況下で、カンヌに認められたのは純粋にすごくうれしいことでした。全国の映画館で上映されるような大きな規模の作品ではないのですが、僕は逆にそれがいいなって、思っていて。深田晃司監督とご一緒できたことも、大きな経験になりました。

■現場経験が力になる

 役に対しては、毎回ゼロから向き合うようにしています。今回は原作の漫画がある作品だったのですが、あえて読まないようにしていました。自分が準備すべきことを準備して現場に入り、監督の演出を受け、その場の空気を感じながら演じるのが、とてもリアルだな、と感じています。

 特に心情の面では、その瞬間瞬間の森崎ウィンにつながる部分があったのでは、と思います。毎日の現場での経験が自分のなかの引き出しに少しずつ入っていって、自分の“素材”になり、力になっているという感覚がありました。それは、どの作品についても言えることです。

 放送中の連続ドラマ「6from HiGH & LOW THE WORST」では“謎の男”を演じ、アクションにも挑戦。演じることの楽しさを噛み締めている。

森崎:なかなか破天荒な撮り方をしていて、「しんどいな」と思うこともありますが(笑)、撮影用クレーンが動き、カメラが顔の近くまで下りてくると、「やっぱり楽しいな」という気持ちになるんです。せりふはなく表情だけですべてを語るシーンも多く、その瞬間はもちろん役に入り込んでいるのですが、同時にどこかで面白がっている自分もいました。役者という仕事をしている以上、「俺を見ろ」という気持ちがどこかにあって、そんな自分がカメラの小さな画面のなかに映り込んでいる。そう考えると楽しいな、面白いなって。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい