月収10万円減で住まい失い自己破産 急増する「任意売却」と21年住宅市場最悪のシナリオ

新型コロナウイルス

2020/12/09 17:00

 コロナ禍の今、収入の減少で住宅ローンを払えない相談が増えている。AERA 2020年12月14日号の特集「住居喪失」から。
*  *  *
収入減から生活の収支が破綻し、住まいを手放さざるを得なくなった人もいる。建設関係の会社で働く千葉県在住の男性(49)は11月、35年ローンを27年きっちり返済してきたにもかかわらず、住まいを失った。

あわせて読みたい

  • 「住宅ローンが払えない」住居喪失の危機続く 「債務の減免」制度がスタート

    「住宅ローンが払えない」住居喪失の危機続く 「債務の減免」制度がスタート

    AERA

    11/1

    住宅ローンが返せない!競売を逃れることができる「任意売却」

    住宅ローンが返せない!競売を逃れることができる「任意売却」

    AERA

    3/30

  • 「まさか、家をなくすとは…」コロナで住宅ローン払えずに競売通告 年末にさらに増える見込みも

    「まさか、家をなくすとは…」コロナで住宅ローン払えずに競売通告 年末にさらに増える見込みも

    AERA

    10/17

    6人に1人が破綻 「ゆとりローン」で追い込まれる人

    6人に1人が破綻 「ゆとりローン」で追い込まれる人

    AERA

    6/5

  • 住宅ローン払えなくなったらどうする? FPが解説「手放す前に検討すべき」4つの方法

    住宅ローン払えなくなったらどうする? FPが解説「手放す前に検討すべき」4つの方法

    AERA

    12/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す