生理や妊娠中絶のシーンも 18世紀フランスを生きた女性たちの熱情を描く (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

生理や妊娠中絶のシーンも 18世紀フランスを生きた女性たちの熱情を描く

高野裕子AERA
Adele Haenel/1989年生まれ、フランス・パリ出身。2002年、「クロエの棲む夢」でデビュー。07年、セリーヌ・シアマ監督の長編デビュー作「水の中のつぼみ」でセザール賞有望若手女優賞にノミネートされ、その名を広く知られる。さらに「メゾン ある娼館の記憶」(11年)でも同賞ノミネート、「スザンヌ」(13年)でセザール賞助演女優賞受賞を果たし、続く「ミリタリーな彼女」(14年)でセザール賞主演女優賞を受賞した(写真:Getty Images)

Adele Haenel/1989年生まれ、フランス・パリ出身。2002年、「クロエの棲む夢」でデビュー。07年、セリーヌ・シアマ監督の長編デビュー作「水の中のつぼみ」でセザール賞有望若手女優賞にノミネートされ、その名を広く知られる。さらに「メゾン ある娼館の記憶」(11年)でも同賞ノミネート、「スザンヌ」(13年)でセザール賞助演女優賞受賞を果たし、続く「ミリタリーな彼女」(14年)でセザール賞主演女優賞を受賞した(写真:Getty Images)

「燃ゆる女の肖像」/18世紀フランスの貴族の娘と女性画家の鮮烈な愛の物語。12月4日から全国順次公開 (c)Lilies Films.

「燃ゆる女の肖像」/18世紀フランスの貴族の娘と女性画家の鮮烈な愛の物語。12月4日から全国順次公開 (c)Lilies Films.

「ぼくの名前はズッキーニ」/発売元・販売元:ポニーキャニオン、価格3800円+税/DVD発売中 (c)RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

「ぼくの名前はズッキーニ」/発売元・販売元:ポニーキャニオン、価格3800円+税/DVD発売中 (c)RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

 AERAで連載中の「いま観るシネマ」では、毎週、数多く公開されている映画の中から、いま観ておくべき作品の舞台裏を監督や演者に直接インタビューして紹介。「もう1本 おすすめDVD」では、あわせて観て欲しい1本をセレクトしています。

映画「燃ゆる女の肖像」の場面カットはこちら

*  *  *
 昨今はお見合い結婚などあまり聞かなくなったが、セリーヌ・シアマ監督の新作「燃ゆる女の肖像」は、18世紀フランスを舞台に、一点のお見合い肖像画を通じて恋に落ちた女性画家と貴族の女性との恋愛を描く。本作で貴族の女性エロイーズを演じるのがアデル・エネルだ。

 画家のマリアンヌ(ノエミ・メルラン)は、エロイーズの肖像画の制作を依頼され、ブルターニュの孤島にやってくる。結婚を拒み続けるエロイーズに、散歩の相手と偽って近づき、ひそかに彼女を観察しつつ、肖像画を描き上げるのだ。

「エロイーズは婚約者について一切知らない。結婚を拒むのは、『自分の人生なのに、なぜ自分に結婚の決定権がないのか』ということに対する反逆なの。結婚は彼女にとって正当性のないこと。自分とは関係なく世の中が回っていると感じている」

 完成した肖像画を認めないエロイーズ。マリアンヌは5日の猶予をもらい描き直す。最初は結婚せず画家の道を独歩するマリアンヌに、自分の立場を理解していないと反発するエロイーズだったが、次第に二人の間に理解と友情が生まれ、愛へと発展する。

「同性愛についての映画だけれど、男性が一方的な力を持つような恋愛と異なり、同等の立場にいる人間の恋愛であるという点が重要なところ。そこから恋愛やエロティシズム、イマジネーションが広がっていく」

 全編を通し男性はほとんど登場しない。また、二人の恋愛のほかに、食事や喫煙、音楽や読書、生理や妊娠中絶などのシーンを織り込み、女性の生きた現実を、女性の視点と主観によって力強く描く。男性視点に支配されがちな映画の世界において、ある意味冒険的で新鮮な映像だ。

「この映画を観て、18世紀を現代的に解釈していると見る人も多いかもしれないけれど、史実は変えていない。監督は事実を異なる視点から見ようとしただけ」

 シアマ監督のデビュー作「水の中のつぼみ」(2007年)でアデルと監督は出会い、しばらく私生活のパートナーとなった。本作はアデルのために執筆された脚本の映画化だ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい