坂本冬美「恐れ多くて涙…」 桑田佳祐23年ぶりの楽曲提供に結びついた1通の“ラブレター” (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

坂本冬美「恐れ多くて涙…」 桑田佳祐23年ぶりの楽曲提供に結びついた1通の“ラブレター”

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井直樹AERA
坂本冬美(さかもと・ふゆみ)/1967年、和歌山県生まれ。演歌歌手。87年、「あばれ太鼓」でデビュー。88年、「祝い酒」で紅白歌合戦初出場。「夜桜お七」(94年)、「また君に恋してる/アジアの海賊」(2009年)などヒット曲多数(撮影/写真部・東川哲也)

坂本冬美(さかもと・ふゆみ)/1967年、和歌山県生まれ。演歌歌手。87年、「あばれ太鼓」でデビュー。88年、「祝い酒」で紅白歌合戦初出場。「夜桜お七」(94年)、「また君に恋してる/アジアの海賊」(2009年)などヒット曲多数(撮影/写真部・東川哲也)

昨年9月に行われたレコーディングで。デビュー当時からの夢が実現し、「もう胸いっぱい。桑田さんとの時間は一生の宝物です」(坂本)

昨年9月に行われたレコーディングで。デビュー当時からの夢が実現し、「もう胸いっぱい。桑田さんとの時間は一生の宝物です」(坂本)

MV撮影中の一コマ。坂本演じる主人公を殺める“悪い男”役を戸次重幸が務めた。「戸次さん、2番目のお子さんが生まれてすぐにこんなひどい男を演じてくださって(笑)。頭が下がります」(坂本)

MV撮影中の一コマ。坂本演じる主人公を殺める“悪い男”役を戸次重幸が務めた。「戸次さん、2番目のお子さんが生まれてすぐにこんなひどい男を演じてくださって(笑)。頭が下がります」(坂本)

 サザンの桑田佳祐が坂本冬美のために楽曲を作った。他アーティストへの楽曲提供は23年ぶりだという。演歌歌手とポップスターとの化学反応は、どう実現したのか。AERA 2020年11月30日号に掲載された記事を紹介する。

【写真】桑田佳祐さんとのレコーディングの様子はコチラ

*  *  *
 悪い男だと知りながらも、いつか結ばれることを信じて尽くしてきた“私”。しかし、願いも空しく男に手をかけられ、土の中に埋められてしまう──。

 坂本冬美の通算51枚目のシングル「ブッダのように私は死んだ」は、道ならぬ恋にのめり込んだ女の悲しい末路が描かれた“歌謡サスペンス劇場”だ。作詞作曲はサザンオールスターズの桑田佳祐。一筋縄ではいかない、まさに“桑田節”としか言いようのないフレーズがちりばめられている。

■歌うたびに新しい発見

 タイトルもそうですが、インパクトのある言葉が多くて。でも、この強烈な詞に桑田さんのサウンドがのっかると、すごくポップに聞こえる。もうね、魔法ですよ、桑田さんマジック(笑)。そして歌うたびに新しい発見がある。「この一言には違った意味が込められているんじゃないか?」とか、歌詞の行間や隙間にこちらの想像力が次から次へと広がっていくんです。こんな歌はないですね。例えば年齢を重ねたり、経験を積んだりすることで捉え方が変わってくる歌はたくさんありますが、歌うたびに新しい発見があるというのは初めての感覚です。

 坂本の桑田への思いは、強くて深い。19歳で上京し、「あばれ太鼓」でデビューした当時から、プロフィルの「好きなアーティスト」欄にその名を書き続けてきた。

 サザンとの出会いは中学時代。私は小さい頃から石川さゆりさんのような演歌歌手になりたくて、ずっと演歌ばかり聴いて育ったんです。でも、初恋の山本君という子がサザンの大ファンで、デートの時にいつもラジカセを持ってきて曲を聴かせてくれて。演歌の七五調の曲しか知らなかった私にとって「勝手にシンドバッド」は衝撃的でした。そして歌手デビューして、いつからか桑田さんに曲を書いていただきたいという夢を持っていましたが、同じ歌謡界にいてもそう簡単にお会いできるものでもなく、自分も演歌歌手として忙しく日々を過ごす中で、「これは叶わぬ夢なんだ」と諦めていたんです。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい