中学受験に必須の能力 ニュースのグラフや資料を読み解くポイントは?

ジュニアエラ

2020/11/25 17:00

中学受験には、グラフなど資料の読み取り問題が出題されることが多い(写真/gettyimages)
中学受験には、グラフなど資料の読み取り問題が出題されることが多い(写真/gettyimages)

 新型コロナウイルスをはじめとするニュースにはグラフや図表がついてくる。それらの資料を読み解くポイントは何だろう。小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」12月号の特集「2020年重大ニュース」では、ジュニアエラのキャラクターコビンが、中学受験のプロ、早川明夫先生に、ニュースの資料を読み取るポイントを聞いたよ。

*  *  *
■見落としがちな「タイトル」に注意

――グラフや表、地図などがあると、文章だけよりもわかりやすくなるね。

 表にすると、数字などを比べやすくなるし、折れ線グラフにすれば、時間がたつにつれてものごとがどう変化していくかがよくわかる。どこに何があるかを示すには、地図が便利だよね。

――資料を読み取るとき、どんなことに気をつければいいの?

 まず忘れてはいけないのは、タイトルを見て、何を表した資料なのかを確認することだよ。

 それは当たり前に思えるからこそ、ちゃんと確認しないことが多いんだよ。例えば、新型コロナウイルスの感染の様子を表す資料には、さまざまな種類がある。感染者数を示したものなのか、死者数を示したものなのか。感染者数なら、その日の新規感染者数なのか、それまでの人数をすべて足した累計感染者数なのかで、資料から読み取れる情報は変わってくるからね。

 次に、年や月を見て、それがいつの資料なのか、折れ線グラフなら、いつからいつまでの資料なのかを確認しよう。つい、今のことを示したものだと思ってしまいがちだけど、過去の資料ということもあるからね。

■「実際の数字」か「割合」かに注意

 続いて注意したいのが、それが「実際の数字」なのか、「割合」なのかを確認することだよ。

――「実際の数字」なのか「割合」なのかはどうすれば見分けられるの?

 手がかりになるのは数字の単位だ。「%」だったら「割合」のことが多いよ。でも、あわてないで! 例えば、新型コロナウイルスの累計感染者数を都道府県別に示した資料で、単位は「人」だけど、「人口10万人あたりの人数」を示した「割合」の資料ということもあるんだよ。

NEXT

変化の理由を考えよう

1 2

あわせて読みたい

  • 「脳みそが汗をかく」 公立中高一貫校の受験問題

    「脳みそが汗をかく」 公立中高一貫校の受験問題

    AERA

    11/9

    変わる入試に学生が戸惑い 「解いたことがないようなテスト」

    変わる入試に学生が戸惑い 「解いたことがないようなテスト」

    AERA

    1/27

  • AIが予測 「第4波ピークは10月、過去最悪の大流行に」 五輪開会式を「変異株ショック」が直撃

    AIが予測 「第4波ピークは10月、過去最悪の大流行に」 五輪開会式を「変異株ショック」が直撃

    週刊朝日

    4/6

    日本発「イベルメクチン」 インドがコロナ治療で感染者数減もWHO「反対」のナゼ

    日本発「イベルメクチン」 インドがコロナ治療で感染者数減もWHO「反対」のナゼ

    dot.

    5/26

  • 専門家も苦笑 サミットの資料に「学生並みミス」

    専門家も苦笑 サミットの資料に「学生並みミス」

    週刊朝日

    6/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す