職人による手刺繍レースあしらったウェディングマスクも 進化するマスク事情 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

職人による手刺繍レースあしらったウェディングマスクも 進化するマスク事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
羽根田真智AERA
ウェディングマスク/「刺繍に関してすごい腕の職人さんがたくさんいるので、マスクにも生かさない手はないと思いました」と担当者/VALORE.Co. U.bridal 金地 4200円/https://kanaji4868.thebase.in(撮影/写真部・張溢文)

ウェディングマスク/「刺繍に関してすごい腕の職人さんがたくさんいるので、マスクにも生かさない手はないと思いました」と担当者/VALORE.Co. U.bridal 金地 4200円/https://kanaji4868.thebase.in(撮影/写真部・張溢文)

 マスク着用が日常になるなか、使い捨てマスク以外のものを使う人も増えている。AERA2020年11月2日号では、各業界から日進月歩で開発が進むマスクを紹介する。

【写真特集】洋服を選ぶようにマスクを選ぶ!進化した様々なマスクを写真で紹介

*  *  *
「白いマスクじゃ興ざめ。何とか考えてほしいと言われて急きょ作り始めたんです」

 こう話すのは、山形県米沢市の和装コートメーカー「おとづき商店」専務の弟月千恵子さん。接客を伴う飲食店従業員向けに「フェイスベールナイトスタイル」を6月から販売。全国から問い合わせが相次いでいる。

 弟月さんは東日本大震災以降、それまで廃棄していた浴衣の端切れを「綿100%だから医療物資として使えるのでは」と保存。マスク不足が深刻化した時、通常業務をストップして社員総出でマスク作りを開始。小中高への寄贈、米沢市役所などの依頼による成人向けマスク製作を経て、フェイスベールナイトスタイルの製作へとつながった。その後「肌に優しいマスクを」との要望が寄せられ、昼の仕事用の「フェイスベールデイスタイル」も製作。品質も重視し、山形県工業技術センター置賜試験場で飛沫がどれくらい防げるかの試験も行っている。

「ハッピーになれる」がキーワードのマスクやマスク関連グッズも出ている。可憐なレースやキラキラ輝くクリスタルが素敵なウェディングマスクは、「VALORE.Co.U.bridal 金地」のもの。ブライダル・フォーマルのファッション小物の企画・製造・販売をして55年になる同社がコロナを機に、初めてブライダル用マスクを製造し、一般向けに販売を始めた。ベテランの職人がすべて手刺繍で作っているという。

 マスクのゴムの痛さをおしゃれに解決したい──。主に女性から絶大な支持を得ているのが、ファッションブランド「mayla classic」の「ヘアオブジェ マスクリーフ」だ。販売するや瞬く間に大量に売れたほどの人気という。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい