ANA5千億円赤字を生んだ「行きすぎた拡大路線」と「歪んだ航空行政」 コロナ禍の傷口広げた

2020/10/26 16:00

 日本航空の破綻から10年。今度はANAが、コロナ禍で巨額赤字に陥る見通しとなった。ANA自身の行きすぎた拡大路線と歪んだ航空行政が危機を増幅させている。AERA 2020年11月2日号で掲載された記事を紹介。

あわせて読みたい

  • 外国人が「歩くだけで幸せ」と絶賛する日本の街

    外国人が「歩くだけで幸せ」と絶賛する日本の街

    AERA

    8/10

    キャビンアテンダント出身校ランキング 1位はトップ常連のあの大学

    キャビンアテンダント出身校ランキング 1位はトップ常連のあの大学

    dot.

    1/4

  • てるみくらぶ倒産でわかった「格安航空券ビジネス」の限界

    てるみくらぶ倒産でわかった「格安航空券ビジネス」の限界

    AERA

    4/4

    絶体絶命を乗り越えて黒字化したANAの国際線

    絶体絶命を乗り越えて黒字化したANAの国際線

    ダイヤモンド・オンライン

    3/14

  • スカイマークも買わないJALの悲劇

    スカイマークも買わないJALの悲劇

    週刊朝日

    11/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す