佳子さま「凛々しさ」の理由 新型コロナ拡大以降“皇族初”となるビデオメッセージを読み解く

皇室

2020/10/20 11:30

 コロナに関するところは、少し抑えた表情で。その後は明るい表情で。「皆さま」の手話は大きく手を動かすが、目線が指先を追っている。ダンスをするからこその優雅な手話。素人ながら、そんなふうに拝察した。

 大学時代から手話を学んだ紀子さま(54)の影響だろう、秋篠宮家は長女の眞子さま(28)も佳子さまも折に触れ、手話でのあいさつを披露している。この「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」は2014年に始まり、佳子さまは英国留学中を除いてすべて臨席してきたという。

 メッセージは約6分。「国際ガールズメッセ」よりも2分ほど長かった。14年からの積み重ねが自信となっているのだろう。

■「初めて」が似合う

 ちなみになのだが、新型コロナウイルスが拡大する中、お言葉をビデオメッセージで寄せた最初の皇族が佳子さまなのだそうだ。それを知ってちょっとうれしかったのは、佳子さまは「初めて」が似合うと勝手に思っているからだ。

 例えば学習院初等科2年生で始めたフィギュアスケート。大会にも出場、水色のコスチュームで滑る佳子さまの愛らしい様子がニュースで報じられた。皇室のイメージと違う新鮮さがあった。「文系」「伝統的」と思い込んでいたものが覆された。

 佳子さまに「初」が似合うのは、「長男」「長女」に比べ自由だからだと思う。例えば眞子さまは、生まれた時から「天皇陛下の初孫」という冠がついていた。それを意識してきたであろうことは、想像に難くない。となれば当然、「伝統」も強く意識したはずだ。その点、「次」の人なら、その度合いが低くてすむのではないだろうか。

 天皇陛下(60)と秋篠宮さま(54)の関係もそうだ。昭和の終わり、大学生の秋篠宮さまは口ひげをはやしていた。1987年3月、そのことを朝日新聞が写真と共に報じた。見出しは「礼宮さまの“挑戦”」。兄の浩宮さま(当時)には決してできない挑戦であり、だからこそ記事にもなったのだろう。(コラムニスト・矢部万紀子)

AERA 2020年10月26日号より抜粋

AERA (アエラ) 2020年 10/26 増大号【表紙:松下洸平】 [雑誌]

朝日新聞出版

amazon
AERA (アエラ) 2020年 10/26 増大号【表紙:松下洸平】 [雑誌]
1 2

あわせて読みたい

  • 愛子さまの休日 カツ丼とお団子をペロリ 高円宮家の絢子様とバッタリ鉢合わせ

    愛子さまの休日 カツ丼とお団子をペロリ 高円宮家の絢子様とバッタリ鉢合わせ

    週刊朝日

    4/16

    佳子さまがダンス封印 「踊りで弾けるような笑顔」と秘めた情熱

    佳子さまがダンス封印 「踊りで弾けるような笑顔」と秘めた情熱

    週刊朝日

    10/14

  • 【写真記事】雅子さま、眞子さま、佳子さま…令和時代のプリンセスが勢ぞろい

    【写真記事】雅子さま、眞子さま、佳子さま…令和時代のプリンセスが勢ぞろい

    週刊朝日

    5/13

    佳子さま、ひさしぶり“外でのご公務” ネット民「一段とお美しくなられた」と歓喜の声

    佳子さま、ひさしぶり“外でのご公務” ネット民「一段とお美しくなられた」と歓喜の声

    dot.

    9/25

  • 佳子さま バッシングに反論、プライバシーも線引き 次男家の次女が前例を超えていく

    佳子さま バッシングに反論、プライバシーも線引き 次男家の次女が前例を超えていく

    AERA

    10/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す