密かに増える殺人アリ・ヒアリの「女王」が大量発生の衝撃 定着阻止へギリギリの攻防続く (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

密かに増える殺人アリ・ヒアリの「女王」が大量発生の衝撃 定着阻止へギリギリの攻防続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
川口穣AERA
ヒアリの働きアリは体長2.5~6ミリ程度。ツヤツヤした赤茶色の体が特徴で、尻に毒針を持つ。今のところ港湾エリアでしか見つかっていないが、羽のある女王アリは通常1~2キロ程度を飛行して他の場所で繁殖する(写真:環境省提供)

ヒアリの働きアリは体長2.5~6ミリ程度。ツヤツヤした赤茶色の体が特徴で、尻に毒針を持つ。今のところ港湾エリアでしか見つかっていないが、羽のある女王アリは通常1~2キロ程度を飛行して他の場所で繁殖する(写真:環境省提供)

「それまでは発見されても1~2個体だった羽のある女王アリが、数十匹単位で見つかりました。産卵可能な女王アリが飛散した可能性も考えられます」

 環境省では、中国や台湾などからの定期コンテナ航路を持つ全国65の港湾で、夏と秋の2回、一斉調査を行っている。見つかった個体は殺処分するが、巣を直接破壊すると女王アリが飛散する危険があるため、毒餌を置いたり、殺虫剤を散布したりして対処する。完全に駆除できたかジャッジすることは難しく、昨秋の青海埠頭の事例では今年8月まで薬剤の散布を続けた。

「観察結果から、営巣箇所は駆除できていると考えています。一方、どの段階で駆除できたのかは正直わからない」(環境省)

■米では年1兆円の被害

 女王アリが港湾を出て新天地で繁殖を始めれば、拡散を防ぐのは段違いに難しくなる。環境省では、ヒアリが飛ぶとされる半径2キロを超える範囲でモニタリングを強化して調査を続けている。今のところ市中で巣をつくって繁殖している痕跡はないというが、こんな懸念もある。

「ヒアリはアンダーグラウンドでひっそりと数を増やし、巣を広げていく。そして対処不能な勢力になって目の前に現れます。仮に港湾から出て繁殖していたとしても、今の段階で見つけるのは困難です」(五箇さん)

 自治体レベルでヒアリを察知するセクションを設け、環境省などと連携して長期の監視を続けるしかないという。

 米国ではヒアリによる被害額と対策費の合計が年間1兆円を超えるとされる。ひとたび定着すると爆発的な増殖力ゆえに駆除は困難。水際での攻防が続く。(編集部・川口穣)

AERA 2020年10月19日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい