学校のコロナ対策 英国の声明にみる「感染防止が難しくても閉鎖すべきではない」理由

新型コロナウイルス

2020/09/25 08:00

 どんなに感染拡大を徹底しても、リスクはゼロにならない――。そんな意識を前提に子どもたちの活動を制限せず、バランスよく対策を講じるべきという見解を示す専門家もいる。再開された学校で感染拡大が起きた場合でも、即時閉鎖は望ましくないという。AERA 2020年9月28日号から。

あわせて読みたい

  • 「休校か再開か」自治体任せに医師が憤り 再開なら「感染拡大は間違いない」指摘も

    「休校か再開か」自治体任せに医師が憤り 再開なら「感染拡大は間違いない」指摘も

    AERA

    4/7

    子どもの新型コロナ感染「学校・保育所で」は誤解? ウイルスを運ぶのは大人という事実

    子どもの新型コロナ感染「学校・保育所で」は誤解? ウイルスを運ぶのは大人という事実

    AERA

    5/27

  • 子どもの感染者が増えても「全国一斉休校」しないのはナゼ?「昨年の判断は最悪の選択肢だった」と専門家

    子どもの感染者が増えても「全国一斉休校」しないのはナゼ?「昨年の判断は最悪の選択肢だった」と専門家

    dot.

    9/9

    新型コロナ 子どもの感染率「実は低くない」 スペインとフロリダの事例が示す落とし穴

    新型コロナ 子どもの感染率「実は低くない」 スペインとフロリダの事例が示す落とし穴

    AERA

    7/31

  • 感染を恐れて「自主休校」する子どもが増加 親から「学校に居場所がなくなるかも」不安の声も

    感染を恐れて「自主休校」する子どもが増加 親から「学校に居場所がなくなるかも」不安の声も

    AERA

    9/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す