NEWS増田貴久「出会えた運命を感じてる」 にんじんを見て泣きそうになったことも (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

NEWS増田貴久「出会えた運命を感じてる」 にんじんを見て泣きそうになったことも

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
※写真はイメージ(gettyimages)

※写真はイメージ(gettyimages)

 ブロードウェーでロングランヒットした傑作コメディーミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」に、NEWSの増田貴久さんが主演する。海外ミュージカルは初挑戦だ。AERA2020年9月7日号から。

【写真】キリっとした表情がかっこいい! フィンチを演じる増田さんはこちら

*  *  *
「ハウ・トゥー・サクシード」は『努力しないで出世する方法』という本に出会った主人公が本の教えを実践するうちに、トントン拍子に大企業で出世を果たす軽妙洒脱(けいみょうしゃだつ)なサクセスストーリーだ。増田さんは主人公・フィンチを演じる。海外ミュージカルへの出演は夢の一つだったという。

増田貴久(以下、増田):お話をいただいた時は「ヤッター!」と大声で叫ぶくらいうれしかったです。うれしさ100、楽しさ100、プレッシャー100……でも、やはりうれしい気持ちが強いです。ミュージカルへの思いは、歌やダンスの経験を積んでいく中で自然と高まっていったものです。

34歳にして初体験ということは、経験や勉強を重ねなければできなかったお仕事だと思うんです。国内外のいろいろな舞台を見てきましたが、この作品はダンスも素晴らしいし、展開のテンポもいいし、見たら元気になれる最高の作品。今、出会えたことに運命を感じています。

 稽古を重ねて、みんなで少しずつ積み上げて作っていく。その過程も楽しい。

増田:稽古場で他の役者さんと合わせて、相手の間や声を聞くことによって、一人で台本を読んで考えたのとはまったく違う化学変化が起きる。お芝居はそれが面白いんですよね。僕は基本的に演出家さんの求める通りにやりたいタイプなので、「僕はこう思うんですけど」ということはほとんどないですが、期待値は超えていきたいという目標があるんです。僕というフィルターを通すことで、さらにいいものになったね、と思ってもらいたい。今の増田貴久にどこまでできるのか、そうみなさんが想像したレベルも超えていきたいですね。その目標を達成できたのか、確かめるのは難しいですけれど(笑)。とりあえず「フィンチスマイル」という、僕がニコッて笑うと照明も変わってキラーンみたいになる印象的なシーンがあるので、そこは見せ場にしたい。僕もジャニーズ歴22年、笑顔は得意なので。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい