貧困の街・ロックフォードに生きるスケボー仲間との12年 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

貧困の街・ロックフォードに生きるスケボー仲間との12年

このエントリーをはてなブックマークに追加
古谷ゆう子AERA
Bing Liu/1989年生まれ。8歳になるまでに、中国、カリフォルニア州、イリノイ州ロックフォードと、母親とともに移り住む。19歳でシカゴに移りフリーランスの撮影助手として働き始め、23歳で国際映画撮影監督組合の一員に。デビュー作「行き止まりの世界に生まれて」は、米アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞及びエミー賞ドキュメンタリー&ノンフィクション特別番組賞にノミネートされた (c)2018 Minding the Gap LLC. All Rights Reserved.

Bing Liu/1989年生まれ。8歳になるまでに、中国、カリフォルニア州、イリノイ州ロックフォードと、母親とともに移り住む。19歳でシカゴに移りフリーランスの撮影助手として働き始め、23歳で国際映画撮影監督組合の一員に。デビュー作「行き止まりの世界に生まれて」は、米アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞及びエミー賞ドキュメンタリー&ノンフィクション特別番組賞にノミネートされた (c)2018 Minding the Gap LLC. All Rights Reserved.

「行き止まりの世界に生まれて」/ビン・リュー監督のスケートボード仲間であるザックとキアーの12年間を追う。9月4日から全国順次公開 (c)2018 Minding the Gap LLC. All Rights Reserved.

「行き止まりの世界に生まれて」/ビン・リュー監督のスケートボード仲間であるザックとキアーの12年間を追う。9月4日から全国順次公開 (c)2018 Minding the Gap LLC. All Rights Reserved.

「KIDS 〈HDリマスター〉」/発売元:ディメンション 発売協力:ピカンテサーカス、販売元:ハピネット・メディアマーケティング、価格3800円+税/DVD発売中 (c)2018 Filmverlag Fernsehjuwelen. All rights reserved.

「KIDS 〈HDリマスター〉」/発売元:ディメンション 発売協力:ピカンテサーカス、販売元:ハピネット・メディアマーケティング、価格3800円+税/DVD発売中 (c)2018 Filmverlag Fernsehjuwelen. All rights reserved.

 AERAで連載中の「いま観るシネマ」では、毎週、数多く公開されている映画の中から、いま観ておくべき作品の舞台裏を監督や演者に直接インタビューして紹介。「もう1本 おすすめDVD」では、あわせて観て欲しい1本をセレクトしています。

【写真】「行き止まりの世界に生まれて」の場面カットはこちら

*  *  *
 人もまばらな街をスケートボードに乗った少年たちが駆け抜けていく。描かれるのは、スケボー少年たちのキラキラとした青春の日々か。そう思って観続けていると、カメラは思わぬ方向へと向かう。

 ドキュメンタリー映画「行き止まりの世界に生まれて」の舞台は、アメリカの「ラストベルト(錆びついた工業地帯)」と呼ばれるエリアにある街、ロックフォード。映し出されるのは、そこで暮らす若者たち、そして一人一人の笑顔の裏にある、複雑さと混沌に満ちた人生そのものだ。

 監督であるビン・リュー(31)がスケートボードを始めたのは13歳のとき。その後、カメラを手にスケートビデオを撮り始めた。

「カメラを手にしていると、仲間たちは不思議と僕に尊敬の眼差しを向けてくれた。僕はどちらかと言うとシャイな少年だったから、一見クールで近づきがたいスケートボーダーたちと仲良くなるためにも有効な手段だったんだ」

 ドキュメンタリーを撮ろうとさまざまな人物にインタビューするなかで、スケボー仲間であるアフリカ系アメリカ人の少年、キアーの“告白”に胸が締めつけられたと言う。キアーは父親から暴力を受けていたのだ。同じく10代の頃からの仲間で若くして父親になったザックと、キアーを中心に、ビンはそこで暮らす人々の姿を追い続けた。

 育児放棄や家庭内暴力は「貧困」とともにあるものなのか。どうしても止められないものなのか。そんな大きな問いが突きつけられる。

「ザックもキアーも、スケートボードに乗っているときは自然体でいたけれど、彼らの日常にカメラを向けたときは少しナーバスになっているように見えた」とビンは言う。

 この作品が傑出しているのは、監督であるビンもまた、作品のなかに登場している点だ。継父との関係、母に対する葛藤を、ビンはカメラの前で語り出す。

「最初から自分を映し出すことを考えていたわけではなく、作品の編集中に『そもそもなんでこの作品を撮りたかったの?』と周囲に聞かれたことがきっかけだった。問題は、自分で自分を撮影している限りはザックとキアーのように弱さをさらけ出すことができないということ。だから、自分のシーンは別のカメラマンに担当してもらった。自分ではコントロールできないほどの感情の揺れを観客に届けなければと思ったから」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい