「こんなこと普通できません」藤井聡太二冠がみせた“真逆の展開”に渡辺明名人が驚き (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「こんなこと普通できません」藤井聡太二冠がみせた“真逆の展開”に渡辺明名人が驚き

AERA
藤井聡太(18)/愛知県瀬戸市出身。小学校6年生で詰将棋解答選手権優勝。プロ入り(14歳2カ月)、初戴冠、二冠・八段昇格などで最年少記録を更新。師匠は杉本昌隆八段 (c)朝日新聞社

藤井聡太(18)/愛知県瀬戸市出身。小学校6年生で詰将棋解答選手権優勝。プロ入り(14歳2カ月)、初戴冠、二冠・八段昇格などで最年少記録を更新。師匠は杉本昌隆八段 (c)朝日新聞社

──渡辺名人とはこれから何年も名勝負を繰り広げていく間柄に突入したわけですが、彼に対して突破口になるような秘策はありますか。

 いや、今のところないです。だってまだ考えてないですもん(笑)。変な話、対戦相手にならない限り考えることはないです。そんなことを考えるなら、次の対戦相手の研究をします。

──しかし、非常に面白くなりましたね、将棋界。

 見てる人はそうでしょうけど、やってる方は大変ですよ(笑)。

──失礼しました。最後に新名人に今後の抱負を。

 個人的な目標はすぐには浮かびませんが、36歳という年齢を考えればタイトル戦に出られるのもそう長くはないので、その中で藤井さんとの戦いでもどういうふうに指していくべきか。ただ、自分としては今、いい時期にあるのでこの何年かは頑張りたいと思います。いつからピークと見るかは難しいですけど、一応まだそれが続いている。タイトル戦に出られなくなればピークも終わりですけど、正直2年先がどうなっているかわからない。今これだけやっているから、5年間は安泰という世界ではありませんから。

(構成/編集部・大平誠)

AERA 2020年9月7日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい