東海道新幹線の新型車両「N700S」 停電でもリチウムイオン電池で自力走行できる

ジュニアエラ

2020/08/18 17:00

 東海道新幹線の新型車両「N700S」がデビューした。今年の夏休みは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で旅行などが難しく、新幹線に乗りたくても乗れなかった子どもたちも多かっただろう。小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」9月号は、そんな子どもたちのために新型車両や新幹線の歴史についてお届けする。

あわせて読みたい

  • 3月8日で引退…「カモノハシ」の愛称で親しまれた700系は偉大だった!

    3月8日で引退…「カモノハシ」の愛称で親しまれた700系は偉大だった!

    dot.

    3/3

    夢の時速400キロ新幹線は実現するのか?新幹線の試験車両の挑戦の軌跡

    夢の時速400キロ新幹線は実現するのか?新幹線の試験車両の挑戦の軌跡

    dot.

    1/19

  •   運転開始が待ち遠しい!次期型東海道新幹線N700S”空気抵抗”との闘いに大きな進化が

    運転開始が待ち遠しい!次期型東海道新幹線N700S”空気抵抗”との闘いに大きな進化が

    dot.

    1/26

    東海道新幹線を山手線並みの「超過密ダイヤ」にできたワケ 常磐線「ひたち」もついに直通運転

    東海道新幹線を山手線並みの「超過密ダイヤ」にできたワケ 常磐線「ひたち」もついに直通運転

    AERA

    3/18

  • 車両浸水被害は300億円以上 北陸新幹線復旧が長期化するこれだけの事情

    車両浸水被害は300億円以上 北陸新幹線復旧が長期化するこれだけの事情

    dot.

    10/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す