コロナ禍で身だしなみを気にしなくなったら、普段していたことを修行と思ってやり続けて しいたけ.さんがアドバイス (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コロナ禍で身だしなみを気にしなくなったら、普段していたことを修行と思ってやり続けて しいたけ.さんがアドバイス

連載「午後3時のしいたけ.相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加
しいたけ.AERA#しいたけ.
占師、作家 しいたけ.

占師、作家 しいたけ.

※写真はイメージ(gettyimages)

※写真はイメージ(gettyimages)

 AERAの連載「午後3時のしいたけ.相談室」では、話題の占師であり作家のしいたけ.さんが読者からの相談に回答。しいたけ.さんの独特な語り口でアドバイスをお届けします。

【絵でわかる】しいたけ.流“タイプ別トラブル回避法”

*  *  *
Q:お風呂に入るのが面倒です。テレワークが続いて動かないのでたいして汗もかかず、人と会う機会が激減しているので多少汚くても、と……。つい数カ月前まで朝にシャワー、夜は湯船につかっていました。鏡に映る髪がペタッとした自分にそっと目を伏せる日々。どうすれば人の目がなくても清潔感を維持できるでしょうか。(女性/会社員/46歳/さそり座)

A:どうでもよくなってきてしまうその気持ち、よくわかります。同じような状況の方も多いのではないでしょうか。

 今のような自粛期間は、多くの人たちが味わったことがない種類の「ダメージ」を受けていると思います。無常感というか、みんなが孤立しているわけですよね。多くの人が人に会えない、しゃべれない、顔色がわからない。

 究極のところ、人が生きる意味は、自分にあった出来事を誰かと顔を合わせて報告することにあるのではないかという気がします。僕は喫茶店に入ったりしたときに隣に座った関係ないカップルの話をこっそり聞くのが面白くて好きなんです。そんなことでケンカするの?とか。無駄な情報なんだけど面白い。でも今はそれが全部遮断されてしまっている状態。その中で生きることって、もう「修行」に近い状態だと思うんです。

 全員が計り知れないダメージを受けている。僕は長く占いという仕事をしてきましたが、お客さんとしていらっしゃる方の心のダメージが深ければ深いほど、身だしなみに表れます。美容院に行く気力がなくなり、ネイルをしたり靴をきれいに保ったりということがどうでもよくなってしまうんです。それはやっぱりダメージを負っている証拠。

 今の状況では、想像力が強い人ほどダメージも大きいです。コロナには今のところ解決策がないし、個人の頑張りでどうにかできることではありません。どうやっても世界が傷ついていってしまう、その状況を感じる力が強い人ほど、きっと無力感を持ってしまうでしょう。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい