おやつの時間をすべての子どもたちが笑顔で迎えられるように…子供の貧困をなくそう 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

おやつの時間をすべての子どもたちが笑顔で迎えられるように…子供の貧困をなくそう

このエントリーをはてなブックマークに追加
上栗崇AERA#アエラtoSDGs
写真・掛祥葉子

写真・掛祥葉子

 新連載「アエラ to SDGs」では、2030年までに達成するべき目標として国連が定めた17のゴールSDGs(エス・ディー・ジーズ)について毎回一つずつ写真で表現し、私たちが考えるべきこと・できることは何かをテーマにお届けします。

*  *  *
 幼いころ、お寺でご本尊の前に積み上げられたお供え物を見て「あれって誰が食べるんだろう?」と思ったことはないだろうか。お供え物を、経済的に困難な状況にあるご家庭へおすそわけする「おてらおやつクラブ」という活動が広がっている。日本の子どもの7人に1人は貧困状態にある。お寺からに限らず、すべての子どもに慈しみの心が届きますように。(写真・掛祥葉子/文・上栗崇)

AERA 2020年8月10日-17日合併号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい