魚だけが持つ「第六感」とは? 魚の耳はどこにある? 魚と音をめぐる秘密あれこれ (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

魚だけが持つ「第六感」とは? 魚の耳はどこにある? 魚と音をめぐる秘密あれこれ

連載「お魚ビッくらポン」

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡本浩之AERA#AERAオンライン限定
真鯛の側線 (出典:WEB魚図鑑)

真鯛の側線 (出典:WEB魚図鑑)

ギィーギィーと鳴くギギ(出典:WEB魚図鑑)

ギィーギィーと鳴くギギ(出典:WEB魚図鑑)

翼のような立派な胸ビレのホウボウ(出典:WEB魚図鑑)

翼のような立派な胸ビレのホウボウ(出典:WEB魚図鑑)

 筆者が子供の頃、近くの河でナマズに似た魚を釣り上げた時、その魚が「ギィー、ギィー」と鳴いていてびっくりしたことがあります。近くにいた大人に「この魚の名前は何?」と聞くと、「ギギじゃ」と教えてくれました。

 冗談みたいですが、鳴く魚は、その鳴き声に由来する名前で呼ばれていることが多いんです。

 他には、胸びれが飛行機の翼のように立派なホウボウという魚は、浮袋を使ってホォーボォーと鳴き、釣り上げられるとグゥグゥと鳴くイシモチは、まるで愚痴を言っているように聞こえるとのことで、筆者の地元ではグチと呼んでいました。

 これらの魚の鳴き声は、仲間とのコミュニケーションではなく、水中から空気中に上げられたりして環境が変わったことで出るもので、特に意味はないようです。

 グチが、「せっかく広い海の中で自由に過ごしてたのに、釣り上げられるとは、なんて運が悪いんや…」と愚痴っていたら面白いとは思いますが……。

○岡本浩之(おかもと・ひろゆき)
1962年岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、2018年12月から「くら寿司株式会社」広報担当、2019年11月から、執行役員 広報宣伝IR本部 本部長

※AERAオンライン限定記事


トップにもどる AERA記事一覧

岡本浩之

おかもと・ひろゆき/1962年岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、2018年12月から「くら寿司株式会社」広報担当、2019年11月から、執行役員 広報宣伝IR本部 本部長。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい