大学入学共通テストの「第2日程」受験は有利? 安易に飛びつくのはリスクも

2020/06/27 10:00

 来年1月、初めて行われる大学入学共通テスト。新型コロナウイルスによる「学習の遅れ」を理由に第2日程での受験ができる。本試験で傾向を見てから受験が有利?という見方もあるが、どうなのか。AERA 2020年7月6日号で分析する。

あわせて読みたい

  • 共通テストの日程が追加されても、受験生の救済にはならない?

    共通テストの日程が追加されても、受験生の救済にはならない?

    dot.

    10/15

    なぜ? 共通テストでも変わらぬ「自己採点制度」 「過渡期のまま40年」の日本の入試制度

    なぜ? 共通テストでも変わらぬ「自己採点制度」 「過渡期のまま40年」の日本の入試制度

    AERA

    2/9

  • 「親も子も無駄に疲れる」コロナ禍と入試改革のダブルパンチに揺れる受験生たち

    「親も子も無駄に疲れる」コロナ禍と入試改革のダブルパンチに揺れる受験生たち

    dot.

    10/16

    大学入学共通テスト「英語」は「生きた英語にシフト」? 「問題が乱暴」? 教育関係者が議論

    大学入学共通テスト「英語」は「生きた英語にシフト」? 「問題が乱暴」? 教育関係者が議論

    AERA

    1/26

  • 共通テストのコロナ対策「感染リスク低く保てた」と専門家 制度変更で大きな事故なく「評価に値する」の声も

    共通テストのコロナ対策「感染リスク低く保てた」と専門家 制度変更で大きな事故なく「評価に値する」の声も

    AERA

    1/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す