「もっと注意して!」と言うだけではダメ! 低学年・算数のケアレスミスの防ぎ方

AERA with Kids

2020/06/26 11:30

 小学生のケアレスミスというと、勉強が難しくなってくる中学年以降に起こるイメージですが、意外と1年生や2年生でも、宿題のプリントやテストを見ると、惜しい間違いがちらほら……。親からすれば「なんでこんなところで間違うの?」と思いがちですが、筑波大学附属小学校で算数を教える山本良和先生は、ケアレスミスは誰にでも起こると言います。「AERA with Kids夏号」(朝日新聞出版刊)では、よくあるケアレスミスや間違えてしまう原因、それらの防ぎ方を取材しました。

あわせて読みたい

  • 計算が苦手な子にありがちな4つの行動パターンと数感覚を身につけるための2つのポイント

    計算が苦手な子にありがちな4つの行動パターンと数感覚を身につけるための2つのポイント

    dot.

    9/30

    休校スタートの今だからこそ知っておきたい! 小学6年間の「学びのポイント」&「つまづきポイント」

    休校スタートの今だからこそ知っておきたい! 小学6年間の「学びのポイント」&「つまづきポイント」

    AERA

    4/10

  • 現役東大生が考案の「ゴースト暗算」は脳トレにも効果的

    現役東大生が考案の「ゴースト暗算」は脳トレにも効果的

    6/3

    中学受験、4年時の“詰め込みすぎ”は失速のもと 家庭学習はタブレットより紙と鉛筆 人気プロ家庭教師が「夏休みの過ごし方」レクチャー

    中学受験、4年時の“詰め込みすぎ”は失速のもと 家庭学習はタブレットより紙と鉛筆 人気プロ家庭教師が「夏休みの過ごし方」レクチャー

    AERA

    7/15

  • ドリルだけでは身につかない!「手を動かす遊び」が将来の算数力をつけてくれるワケ

    ドリルだけでは身につかない!「手を動かす遊び」が将来の算数力をつけてくれるワケ

    AERA

    7/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す