国と自治体「コロナ追跡」併存問題 システム同時稼働で悪影響はないのか?

新型コロナウイルス

2020/06/24 09:00

 政府は感染者と濃厚接触した可能性を通知する「接触確認アプリ」をリリース。政府が目指すインストール率は国民の6割以上でこの数字をクリアしないと、感染を抑える効果は得られないというが、大阪府はQRコードでの追跡システムをすでに導入している。併存しても問題はないのか。AERA 2020年6月29日号は専門家に意見を求めた。

あわせて読みたい

  • 新型コロナ接触確認アプリの実効性が期待できない理由

    新型コロナ接触確認アプリの実効性が期待できない理由

    週刊朝日

    6/20

    吉村府知事が進める「コロナ追跡システム」 プライバシーは守れるか?

    吉村府知事が進める「コロナ追跡システム」 プライバシーは守れるか?

    週刊朝日

    5/17

  • 「国会で言う」西村大臣を黙らせる尾身会長への違和感 天下り公的病院コロナ病床は1割強

    「国会で言う」西村大臣を黙らせる尾身会長への違和感 天下り公的病院コロナ病床は1割強

    dot.

    8/28

    「接触確認アプリ」はプライバシー最優先 追跡よりも「国民の行動変容」に意義

    「接触確認アプリ」はプライバシー最優先 追跡よりも「国民の行動変容」に意義

    AERA

    6/24

  • コロナ「接触確認アプリ」開発者を直撃!個人情報の扱いは?効果は出る?

    コロナ「接触確認アプリ」開発者を直撃!個人情報の扱いは?効果は出る?

    ダイヤモンド・オンライン

    6/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す