「それもありなんだ」と思ってもらえたら パラトライアスリート・秦由加子が短パンで休日を過ごす理由

2020/06/09 11:30

 東京パラリンピックへの出場が決定しているアスリート、秦由加子さんは、現在パラトライアスロンPTS2クラスで世界ランク4位。13歳で足を切断、義足を履きはじめてから、長い間義足を隠して生きてきた。AERA 2020年6月15日号から。

あわせて読みたい

  • 東京パラリンピックを支える「最強のパートナー」

    東京パラリンピックを支える「最強のパートナー」

    週刊朝日

    2/24

    パラリンピックメダリストは、どうやって義足の恐怖心を克服したのか?

    パラリンピックメダリストは、どうやって義足の恐怖心を克服したのか?

    AERA

    9/10

  • 両足のひざ下を切断…兄の事故をきっかけに「義肢装具士」の道へ 藤田兄弟の絆

    両足のひざ下を切断…兄の事故をきっかけに「義肢装具士」の道へ 藤田兄弟の絆

    AERA

    1/29

    トライアスロン銀メダル宇田秀生「なんてことない」 サッカーで鍛えた体と心

    トライアスロン銀メダル宇田秀生「なんてことない」 サッカーで鍛えた体と心

    AERA

    8/28

  • 「東京パラ以降も残る制度を」 山本篤、“走る科学者”が子供達へ繋ぐ夢

    「東京パラ以降も残る制度を」 山本篤、“走る科学者”が子供達へ繋ぐ夢

    AERA

    5/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す