「80点を許してくれる人を見つけて」 肩の力が抜けない人にしいたけ.さんがアドバイス (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「80点を許してくれる人を見つけて」 肩の力が抜けない人にしいたけ.さんがアドバイス

連載「午後3時のしいたけ.相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加
しいたけ.AERA#しいたけ.
しいたけ./占師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究しながら、占いを学問として勉強。「VOGUE GIRL」での連載「WEEKLY! しいたけ占い」でも人気

しいたけ./占師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究しながら、占いを学問として勉強。「VOGUE GIRL」での連載「WEEKLY! しいたけ占い」でも人気

※写真はイメージ(gettyimages)

※写真はイメージ(gettyimages)

 AERAの連載「午後3時のしいたけ.相談室」では、話題の占師であり作家のしいたけ.さんが読者からの相談に回答。しいたけ.さんの独特な語り口でアドバイスをお届けします。

*  *  *
Q:高校卒業後、春から社会人として働いています。人に頼るのが下手で、可愛げがなく、頑固。人とかかわるのは好きですが、近すぎるとしんどくなります。責任感が強く、抱え込むので、これまでは人と距離を置きバランスを保っていました。家族や仲のいい友達にも、自分の話や相談をするのは苦手。もっと頼れるようになりたいです。(女性/営業/18歳/みずがめ座)

A:大人になったらみんなやったほうがいいんじゃないかと思っていることが一つあります。それは、自分という人間が、ロールプレイングゲームの世界だったらどのキャラクターなのかを考えること。例えば勇者系とか、武道家系、商人系、遊び人系とか。

 これはある方が就活セミナーで就活生に向けてアドバイスをしていたんですが、とても面白いと思ったんですね。

 自分がどのキャラクターっぽいのかがわかると、生き方や頑張り方の傾向みたいなものがわかります。ご相談の文章を読んで、なんとなくあなたには武道家系とかアスリート系の気配を感じました。アスリート系って、毎日の反復練習をやり遂げられる人たちです。集中力があって、練習しないと気が済まない人たち。

 ご相談は、もう少し肩の力を抜きたいという意味だと思いますが、一つご提案するならそれは日記を書くことです。

 今日はこういうことに気をつけたとか、これを反省したとか、今の課題とか。箇条書きでいいので手帳とかメモ帳に書いてみてください。自分のコンディションをデータとして把握しておくことが、アスリート系の人にとっては自信になってくれるはずです。

 ここからがポイントなんですが、人間関係でも仕事でも、アスリート系の人たちは基本的には100点を目指して取り組みます。データを集めて何をしてほしいかというと、80点で接することができる人を見つけてほしいんです。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい