寿司屋が「とれたての甘エビをおすすめしない」驚きの理由 カギ握る物質とは? (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

寿司屋が「とれたての甘エビをおすすめしない」驚きの理由 カギ握る物質とは?

連載「お魚ビッくらポン」

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡本浩之AERA#AERAオンライン限定
トロっとした触感と甘みが人気の甘エビのお寿司

トロっとした触感と甘みが人気の甘エビのお寿司

 我々日本人は世界でも有数のエビ好きの民族と言われており、結婚式やお正月などのお祝いの席には必ずと言っていいほどエビ料理が出てきますよね。もちろん、回転寿司でも人気のネタのひとつです。

【写真】くら寿司社員が選んだ「コスパ最高」のネタとは?

 お子様にはボイルしたエビが人気ですが、大人の方には生エビが人気です。プリプリした食感と口の中に広がるみずみずしい甘さが病みつきになるという方も多いのではないでしょうか。

 そして、もうひとつ忘れてはならないのが、甘エビです。口の中で溶けるようなトロッとした食感とともに広がる絶妙な甘みがたまらないという甘エビフリークは、筆者の知り合いにもたくさんいます。

 実は甘エビというのは通称で、正式には「ホッコクアカエビ」といいます。日本では島根県以北の日本海から宮城県以北、海外ではオホーツク海からベーリング海峡など北太平洋の水深200メートルから600メートルの深海に生息しています。高級食材のボタンエビなどと同じタラバエビ科に属するエビです。
 
 甘エビの寿命は11年程度と、大きさの割に意外と長生きなんです。生まれた時は全てオスで、5年から6年くらいでメスに性転換します。ですので、我々がお寿司などで食べている10センチ程度ものは、基本的にメスということになりますね。

 余談になりますが、エビの王様とも言うべきロブスターには寿命がなく、不老不死という説があります。一般的にエビなどの甲殻類は、脱皮を繰り返すことで成長していくんですが、ロブスターは、脱皮の際に内臓も一緒に入れ替わる、つまり、脱皮するたびに内臓も新しいものに入れ替わる(生まれ変わる)ので、永遠に生き続けることができるというのです。

 数年前まではこの説が広く信じられていましたが、脱皮で生まれ変わるのは一部の臓器だけで、心臓などは入れ替わらないということがわかり、今では他の生き物と同じく、老化していくという説が有力です。ロブスター不老不死説について、個人的には、神秘的で夢があって好きだったんですが……。

 ただ、過去には推定約140歳のロブスターが捕獲されたこともありますので、長生きということは事実のようですね。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい