レンタルなんもしない人 ただいるだけなのに次々と依頼がくる<現代の肖像>

現代の肖像

2020/05/08 17:00

 何もせず、ただいるだけなのに次々と依頼がくる。彼にしてほしいことも、特に、ない。モヤモヤすることを吐き出したいだけ。心が揺れるとき隣にいてほしいだけ。一人ひとりが偽りない自分の気持ちを解放できる場として、彼の「存在」はある。何ができようができまいが、人は生きているだけで価値があることを実証している。AERA 2020年5月4日-11日号に掲載された「現代の肖像」から一部紹介する。

あわせて読みたい

  • 博士の知識を丸一日独り占めにできる「レンタル博士」。その魅力と課題とは?

    博士の知識を丸一日独り占めにできる「レンタル博士」。その魅力と課題とは?

    dot.

    11/14

    レンタル家族に頼る人々「年末に一緒に紅白見てほしい」

    レンタル家族に頼る人々「年末に一緒に紅白見てほしい」

    AERA

    1/28

  • 1回5万円で出社いらずの退職代行が増加 「犯罪者のように上司に引き留められる」煩わしさを解消?

    1回5万円で出社いらずの退職代行が増加 「犯罪者のように上司に引き留められる」煩わしさを解消?

    dot.

    7/30

    増える「家族じまい」相談は5倍 「親の骨を拾いたくない」と家族代行に依頼も

    増える「家族じまい」相談は5倍 「親の骨を拾いたくない」と家族代行に依頼も

    週刊朝日

    12/3

  • 夫がいるのに結婚式!? 「レンタル家族」の興味深い世界

    夫がいるのに結婚式!? 「レンタル家族」の興味深い世界

    dot.

    12/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す