コロナ不安に「足元をよく見て、履物をそろえよ」住職が説く心を穏やかにする禅語

新型コロナウイルス

2020/04/26 17:00

 新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、感染や生活の先行きなどへの不安が尽きない。不安とどう向き合っていけばいいのか。AERA2020年4月27日号で、曹洞宗建功寺住職の枡野俊明さんが語った。

あわせて読みたい

  • 楽をしようとすると心が荒む? 住職にとっての家事とは

    楽をしようとすると心が荒む? 住職にとっての家事とは

    AERA

    2/13

    人間関係は「関わらない」のも大事 帯津医師が「放っておく力」に共感
    筆者の顔写真

    帯津良一

    人間関係は「関わらない」のも大事 帯津医師が「放っておく力」に共感

    週刊朝日

    7/18

  • あなたの街からお寺が消える!? “限界宗教法人”3割の衝撃

    あなたの街からお寺が消える!? “限界宗教法人”3割の衝撃

    週刊朝日

    12/21

    菅政権の「経済改革」次第で320万人の雇用に影響か コロナ禍に100年に1度の大恐慌

    菅政権の「経済改革」次第で320万人の雇用に影響か コロナ禍に100年に1度の大恐慌

    AERA

    11/30

  • コロナ禍は「見えない疲労」の自覚が大事 元自衛隊の心理教官に聞く「不安の乗り越え方」

    コロナ禍は「見えない疲労」の自覚が大事 元自衛隊の心理教官に聞く「不安の乗り越え方」

    AERA

    4/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す